【知ってますか】中古車選びで聞く「タイミングベルト」って何? 切れるとマズい理由とは

「タイミングベルト交換済」の中古車は安心か?

 重要な部品であるタイミングベルトですが、とくに中古車ではタイミングベルト交換済ということに注意しておくと安心なのでしょうか。

タイミングベルトの消耗度合いはプロでないと確認できない
タイミングベルトの消耗度合いはプロでないと確認できない

――タイミングベルト交換済みの中古車は安心でしょうか。

 中古車情報サイトなどを閲覧していると、年式の割に走行距離が多い車両で「タイミングベルト交換済み」という記載を見ることもありますが、交換時期や実施場所もさまざまですので鵜呑みにしてしまうのは危険です。

 検討する際は明確な作業記録の有無について確認したほうが良いでしょう。

――タイミングベルトの消耗度合いは一般ユーザーが確認できるのでしょうか。

 タイミングベルトはエンジンの内部部品でカバーされているので、一般のドライバーがボンネットを開けても目視でタイミングベルトの状態を確認できるものではありません。

※ ※ ※

 切れるとたいへんなことになるタイミングベルトですが、通常の使い方であれば、推奨交換時期から余裕をもって整備していれば問題はなさそうです。

 そして、中古車選びの際は、走行距離や交換時期を考慮せず、交換歴の有無の表記だけに頼るのはやめておいたほうがよさそうです。

 なかには、タイミングベルトではないタイミングチェーンのクルマでも「タイミングベルト交換済み」と表記がある中古車や、構造的にタイミングベルトのないマツダのロータリーエンジンのクルマにまでタイミングベルト交換済みを謳う中古車も見られ、クルマの状態をきちんと確認していないことを露呈するような店もあります。

 ひどいものでは、2度目の交換時期が迫っているにも関わらず、1度目の交換をもって「交換済」とする業者もいます。

 もし、自分のクルマのタイミングベルトが心配な場合は、信頼できて技術のある整備工場などに相談するとよいでしょう。きちんと確認してアドバイスをもらえば安心できるかもしれませんし、そもそもタイミングベルトがない車種かもしれません。

【写真】衝撃! 2万kmオイル交換せず破損したエンジン内部

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 昔に三菱のデリカが1BOX時代に切れたことあるな、セルを回しても圧縮しないセルが空回りするような音からしてタイミングベルト切れだと診断されたが、小さな町の修理工場で作業しにくい1BOXデリカを良く甦らせてくれたと今でも感謝している。
    タイミングライトを用いた作業後の点検など見応えある作業だった。
    それでも工賃はディーラーより遥かに安かったの覚えててるな。
    車のニュースが信者のトヨタならJZ系や1G系、日産ならRB系がベルトを用いたエンジンでベルト全盛期でも初代エスティマなどは床下エンジンの整備性からしてチェーンだったことを記憶してるけど、デリカの時は切れたのではなくコマが磨り減りプーリーに噛み合わなくなったことでエンジンが止まってしまったのだ。