日産「ラシーン」は出るのが早すぎた!? 絶版になって人気が出たSUVを振り返る

現在、人気が高いジャンルのクルマといえばSUVで、次々と新型車が登場しています。日本ではかつて「RVブーム」があり、そのブームに乗るためにRV風なモデルが発売されました。そのなかの1台が日産「ラシーン」で、絶版になってから人気が再燃したユニークなモデルです。そこで、ラシーンを振り返ってみます。

ユニークなデザインのコンパクトRVが登場

 近年、世界的に人気が高まっているクルマといえばSUVです。なかでも、本格的なオフロード4WDではなく、都会的なクロスオーバーSUVの人気が高く、国内外のメーカーから続々と新型モデルがデビューしています。

クロスオーバーSUVの先駆けだったラシーン
クロスオーバーSUVの先駆けだったラシーン

 いまのSUV人気は、ブームとはいえるほどではありませんが、1990年代の初頭に起こった「RVブーム(レクリエーショナル・ビークル)」の頃は、三菱「パジェロ」や日産「テラノ」、トヨタ「ハイラックスサーフ」といった、本格的なクロスカントリー4WD車が爆発的にヒットしました。

 各メーカーがクロスカントリー4WD車を販売していただけでなく、普通の乗用車をRV風にドレスアップしたモデルや、見た目はRVでも悪路走破性能が高くない、見た目重視なモデルも登場しました。

 そうしたRV風なモデルのなかの1台が、1994年に発売された日産「ラシーン」です。このユニークなモデルを振り返ってみます。

日産・ラシーン の中古車をさがす

※ ※ ※

 ラシーンは1993年の東京モーターショーに、コンセプトカーとして出展されました。ボクシーで背の低いデザインは来場者から好評を博し、翌1994年に市販モデルを発売。つまり、東京モーターショーに出展していた時点で、販売の予定があったことになります。

 ラシーンという車名は「羅針盤」に由来する造語で、ラシーンの発売と同時に日産は自動車業界として初のホームページを立ち上げ、日産「羅針盤」と名付けました。

 プラットフォームや主要なコンポーネントは、当時販売していたコンパクトセダンの7代目「サニー」から流用。

 ボディはステーションワゴンをショートにしたイメージで、フロントにグリルガードが配置され、ルーフレールや、テールゲートには背面スペアタイヤを装着するなど、見た目は完全にRVのイメージです。

 当時は、乗用車とSUVを融合した「クロスオーバーSUV」というジャンルは存在していませんでしたが、まさにラシーンはクロスオーバーSUVの先駆け的存在です。

 ボディサイズは全長4115mm×全幅1695mm×全高1515mmと、現在の水準からするとかなりコンパクトで、見切りの良いボディ形状も相まって、取り回しは良好だったといいます。

 搭載されたエンジンは、発売当初は全グレードで1.5リッター直列4気筒のみで、トランスミッションは5速MTと4速ATを設定。駆動方式はすべてフルタイム4WDとなっており、これは現在のSUVが2WDをラインナップしているのに対し、よりRVに近いというコンセプトだったためです。

 最高出力は105馬力と決して高出力ではなく、車重は1200kg前後と、このクラスでは重く、後述しますが排気量アップが図られました。

 ※ ※ ※

 ラシーンはCMやカタログのキャラクターに「ドラえもん」を起用したことが話題となり、ユニークなデザインのボディも好評でヒットします。

 そして、さらなるブラッシュアップがおこなわれました。

【画像】再販したらイケるんじゃない!? 先見の明があった「ラシーン」を見る(9枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント