日産「キックス」登場で競争激化は必至!? 超絶人気の最新コンパクトSUV5選

いまだにバックオーダー抱えている人気のコンパクトクロカンとは!?

●フォルクスワーゲン「Tクロス」

コンパクトかつ手頃な価格でヒットした「Tクロス」
コンパクトかつ手頃な価格でヒットした「Tクロス」

 フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「Tクロス」は2019年11月に発表し、2020年1月からデリバリーが開始されて、現在も好調なセールスを続けています。

 外観のデザインは、同社のコンパクトカー「up!」や「ポロ」「ゴルフ」などと共通するイメージのフロントフェイスに、力強さを感じさせ張りのあるSUVらしいボクシーなフォルムです。

 ボディサイズは全長4115mm×全幅1760mm×全高1580mm、最小回転半径は5.1mで、日本の道路でもストレスなく扱えます。

 搭載されるエンジンは1リッター直列3気筒ターボで、最高出力は116馬力を発揮。7速DSG(DCT)と組み合わされ、WLTCモード燃費は16.9km/Lです。

 荷室容量は通常時で385リッター。後席は前後スライドすることが可能で、後席を一番前にすると荷室容量は455リッターに拡大されます。また後席を完全に折りたたむと荷室容量は最大で1281リッターになり、同セグメントのなかで最大級の容量を実現しています。

 Tクロスの価格は「TSI 1st」が303万9000円、「TSI 1st Plus デザインパッケージ」が339万9000円です。

 なお、2020年7月に発表予定の、Tクロスよりひとまわり大きなSUVの「Tロック」も控えています。

●スズキ「ジムニーシエラ」

コンパクトカーで唯一無二のクロスカントリー4WD車「ジムニーシエラ」
コンパクトカーで唯一無二のクロスカントリー4WD車「ジムニーシエラ」

 2018年に20年ぶりのフルモデルチェンジがおこなわれ、大いに話題となったスズキ「ジムニー/ジムニーシエラ」は、誕生からいままで一貫して悪路走破性に特化してきたオフロードカーです。

 なかでもジムニーシエラは欧州や南米、アジア圏など広い地域で販売されるグローバルカーで、開発段階から左ハンドル仕様が想定されています。

 ジムニーシエラはジムニーとシャシやボディを共有する登録車で、サイズは全長3550mm×全幅1645mm×全高1730mm、乗車定員は4名です。

 エンジンはシリーズ最大となる1.5リッター直列4気筒自然吸気を搭載。最高出力は102馬力を発揮し、ジムニーにくらべて高速走行時に余裕があります。

 トランスミッションは5速MTと4速ATが設定され、昔ながらのレバーによって2WDと4WDの切り替えが可能なパートタイム4WDを採用。

 これまでハイテクとは無縁だったジムニーシリーズですが、現行モデルではタイヤの空転時の脱出性能を高める「ブレーキLSDトラクションコントロール」や、急な下り坂などではブレーキを自動制御する「ヒルディセントコントロール」を装備。

 軽量コンパクトな車体と相まって、本格的なクロスカントリー4WD車にふさわしい悪路走破性を実現しています。

 ジムニーシエラの価格は179万3000円からです。なお納期は販売店でも異なりますが、現在でもジムニーが約1年、ジムニーシエラは約1年半といわれています。

※ ※ ※

 かつてRVブームの頃にヒットした三菱「パジェロ」やトヨタ「ハイラックスサーフ」、日産「テラノ」などの本格的なクロスカントリー車は、燃費や乗り心地が悪く、高速道路などの走行安定性で乗用車に劣ったため、改善されたとはいえ次第に人気を失いました。

 しかし、現在のクロスオーバーSUVはネガティブな要素はほとんど無く、まったく気負わずドライブできます。

 悪路走破性はクロスカントリー車に劣りますが、そもそも悪路走破性が重要視される地域やシーンは限られているため、問題ないでしょう。

 近年はSUVのスタイルも流麗で美しいデザインに変化していますので、まだまだ人気は続きそうです。

日産 キックスの詳細を見る

マツダ CX-30の詳細を見る

【画像】発売直後の日産「キックス」の詳細画像を網羅! 最新のコンパクトSUVを見る(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント