なぜホンダ「ステップワゴン」は苦戦する? ミニバン人気もライバルに追い付けない理由

人気カテゴリーのひとつに、ミニバンがあります。日産「セレナ」やトヨタ「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」が人気ですが、ホンダの「ステップワゴン」は低調です。それは一体なぜなのでしょうか。

ステップワゴンの販売が低迷する理由とは?

 3列シートのミニバンは、人気の高いカテゴリーです。新車販売されるクルマに占めるミニバン比率は、現在は約15%。15年前の20%に比べると減少していますが、それは主にトヨタ「ウィッシュ」、「イプサム」やホンダ「ストリーム」といった、全高1700mm以下の車種が廃止されたためです。

ホンダのミドルサイズミニバン「ステップワゴン」
ホンダのミドルサイズミニバン「ステップワゴン」

 全高が1700mmを超えるスライドドアを備えた背の高いミニバンは、今でも好調に売れています。

 たとえば日産「セレナ」は、2019年度(2019年4月から2020年3月)に8万4051台を登録していますが、これはコンパクトモデルのトヨタ「アクア」やホンダ「フリード」と同等の販売実績です。

 トヨタのミニバンでは、「ヴォクシー」が8万1949台、「ノア」が4万9163台、「エスクァイア」が4万874台。

 この3車種は、ボディや内装などの基本部分を共通化した姉妹車で、3姉妹車の登録台数を合計すると、17万1986台に達します。

 この販売実績は、2019年度に小型/普通車で1位になったトヨタ「カローラシリーズ」を上回っており、ヴォクシー3姉妹車は、トヨタの国内販売を支える重要な基幹車種なのです。

 セレナやヴォクシー3姉妹車の特徴は、標準ボディが5ナンバーサイズに収まり、混雑した街中や駐車場でも運転しやすいことです。

 エアロ仕様は3ナンバー車ですが、ボディはあまり拡大されていません。その一方で車内は広く、3列目シートも快適で、多人数乗車に適しています。2列目を畳めば、自転車のような大きな荷物も積めます。

 これらの背が高いミドルサイズミニバンは、実用性や運転のしやすさ、さらに価格の割安感も両立させて、人気車になりました。

 ただし、5ナンバーミニバンのなかでも、ホンダ「ステップワゴン」は売れ行きが伸び悩んでいます。

 2019年度の登録台数は4万7214台で、不人気ではありませんが、セレナやヴォクシー3姉妹車に比べると低調です。なぜステップワゴンはライバル車に比べて売れないのでしょうか。

 現行ステップワゴンは、2015年4月に発売されました。2016年(暦年)は、新型車にフルモデルチェンジされた効果で、通常であれば売れ行きを大幅に伸ばすところですが、ステップワゴンの2016年の登録台数は、前年の97.7%です。

 5万2472台に収まり、ミドルサイズミニバンの販売ランキング順位も、ヴォクシー、セレナ、ノアに次ぐ4位でした。この販売低迷が、いまに繋がっているわけです。

 不人気の背景には、複数の理由があります。

 まず現行ステップワゴンの商品力では、デザインに問題がありました。エアロパーツを装着した「スパーダ」は、登場時点ではメッキの使い方が控え目で、標準ボディとの違いも分かりにくかったです。

 ちなみに先代ステップワゴンスパーダも、2009年に発売されたときはフロントマスクが地味で売れ行きが伸び悩み、マイナーチェンジでメッキパーツやLEDの使い方を派手に変更した経緯があります。

 現行型でも同じことを繰り返すのかと思い、開発者にフロントマスクが地味な理由を尋ねました。返答は「ほかのエアロミニバンはみんな派手だから、ステップワゴンは個性的に仕上げた」というものでした。

 その結果、売れ行きは伸び悩み、2017年にハイブリッド(現在の名称はe:HEV)を設定したときに、スパーダはフロントマスクを睨みの利いた形状に刷新しています。

 標準ボディは、販売比率が低いという理由で、デザインが変更されずハイブリッドも用意していません。

【画像】黒基調の内外装がスポーティ! 「ステップワゴン」の特別仕様車を見る(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 女性好みではない要素が多い事が敗因ではないでしょうか。特に内装。

  2. 女性好みではない要素が多い事が敗因ではないでしょうか。特に内装。

  3. 単純にステップワゴン売る気が無いですね。
    ステップワゴン欲しい言うてるのに「フリード」推してくるとか。

  4. この記事、なんだかスゲー読み辛い。
    第一、ステップワゴンに限らず今のHONDA車は見合ってない高い価格設定が最大の売れない理由だと思う。