超ド級「IS F」復活か!? レクサスが新型「IS」の改良を大々的にアピールするワケ

ビッグマイナーチェンジを受けたレクサス新型「IS」が、2020年6月16日に公開されました。デザインも含めて変化し、かなり力の入った改良だったといいますが、そんななかある派生モデルの復活の影がちらついているといいます。今後、新型ISはどのように発展していくのでしょうか。

当初予定より1週間遅れたワールドプレミア

 大胆なマイナーチェンジ(MC)を受けたレクサス「IS」が、2020年6月16日に世界初公開されました。前回のフルモデルチェンジ(FMC)から7年目の出来事です。

 外観をはじめ、さまざまな部分が刷新されましたが、改良を受けたことによってある派生モデルの復活も囁かれています。改良を受けた新型ISの現在と未来は、いったいどのようになっているのでしょうか。

レクサス新型「IS」
レクサス新型「IS」

 トヨタグローバルサイトで新型ISのティザーが出たのは2020年6月1日。6月10日にアメリカ発のデジタルカンファレンス開催、との内容でした。

 しかし、その5日後の6月6日、「現在の世界情勢に鑑み」と但し書き付きで急遽、開催延期を通告。そして日本時間の6月16日朝8時からの情報公開となりました。

 そんなこともあって、新型ISへの期待は日米だけではなく、世界各地で高まっていきました。

 新型ISのボディスタイルは、クーペっぽい雰囲気が増し、19インチタイヤ採用での力強さを感じるなど、確かに新しさを感じます。走りについてもかなり手を加えたといいます。

 しかし、プラットフォームもエンジンも先代からのキャリーオーバーであり、いわゆるビックマイナーチェンジ。日本での発売は、2020年秋頃の予定です。

 そのうえで、レクサスは今回の新型ISがレクサスの未来に対する挑戦であり、新たなるレクサスのスターティングポイントであると強調します。

 また、レクサスが追求する乗り味を表す言葉として、ドライバーの意図に対して忠実でリニアな応答を実現するという「レクサス・ドライビング・シグニチュア」という表現も、新型ISの訴求に使われています。

 今回のIS登場の背景には、いったいなにがあるのでしょうか。

 その答えにつながる体験を、筆者(桃田健史)は2019年11月、トヨタ東富士研究所(静岡県裾野市)でしています。

「レクサスとして、こうした開発中の技術をメディアの皆さんに一気に体験して頂くのは、30年間に渡るレクサス史上で初のことです」

 当時レクサスインターナショナルのエグゼクティブ・バイス・プレジデントで、現在は同プレジデントとなった佐藤恒治氏は20数人の日本人メディア関係者を前に、そう話しました。その前日はアメリカなど海外からのメディア関係者を招いたといいます。

 この日、さまざまな開発中モデルに試乗したり、新技術を体験しましたが、そのうちこれまで情報公開されているのは、レクサス初のEVである「UX300e」と、「ES」のハイブリッド車ベースの後輪電動モーター「e-アクスル」装着車(テストカー)の2台についてだけです。

 各種体験のなかで感じたのは、レクサスの「攻めの姿勢」です。

 さらにいえば、「これからのレクサスを、我々はこうしていこうと決めた」という、強い決意を感じました。「吹っ切れた」、そんなイメージでもありました。

【画像】標準車でもスポーティ過ぎる!? 新型「IS」をささっと見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 決して悪くはないけど段付きテールは必然的にリヤスポイラーが小っちゃくなるのがなぁ
    逆に派手めなGTウィング付けた方がカッコ良さそう

  2. セダンだったらボルボの方が…って言う人もいそう。