次期「エクストレイル」は日産の救世主か!? ライバルRAV4とこれまでの販売面での違いは?

日産が2020年6月15日に発表した新型「ローグ」は、日本市場でも兄弟車の新型「エクストレイル」として投入することが予想されています。ローグ/エクストレイルは、それぞれ日産の日米両市場での主力車種としてラインナップされてきましたが、ライバルのトヨタ「RAV4」とは、売れ行きにどのような差があったのでしょうか。

新型ローグは日産の米国市場でのけん引役で居続けることができるか!?

 日産は、2020年6月15日に新型「ローグ」をアメリカで初公開しました。ローグは、日本市場で日産の主力車種となるSUV「エクストレイル」の兄弟車という立ち位置です。新型ローグの販売開始は、現地では2020年秋に予定されています。

 一方、ローグ/エクストレイルと同じく日本およびアメリカで人気のSUVとして、トヨタ「RAV4」が存在します。これらの車種の売れ行きは、これまでどのように推移してきたのでしょうか。

2020年6月15日に発表された日産新型「ローグ」
2020年6月15日に発表された日産新型「ローグ」

 日本市場で販売されるエクストレイルは、2020年6月現在販売されているモデルで3代目となり、今回発表された新型ローグが新型エクストレイルとして日本市場に導入されれば、4代目モデルへと刷新されることになります。

 初代エクストレイルが発売された2000年当時、ローグというモデルはそもそも存在していなかったものの、その後2007年にエクストレイルとは別のSUVとして初代ローグがアメリカで発売。

 3代目エクストレイルと2代目ローグが発売された2013年冬に、両車はベースが同一となり、兄弟車になりました。

 一方、現行の5代目RAV4(日本で未発売の期間があったため、日米でモデル数が異なる)は、アメリカでは2018年の年末から、日本では2019年4月から販売を開始しています。

 2019年を振り返ると日米どちらの市場においても、現行ローグ/エクストレイルはモデル末期の状態で、現行RAV4は市場投入直後だったといえます。

 では、日米それぞれの市場でローグ/エクストレイルとRAV4は、2019年はどのような売れ行きとなっていたのでしょうか。

 まず、アメリカ市場の販売台数から見ると、ローグは2019年に前年比15.0%減の35万447台を記録しました。一方、RAV4は前年比4.9%増の44万8071台となり、過去最高の販売台数を記録。2019年にアメリカで販売されたトヨタ車のなかでもっとも売れたモデルとなりました。

 ただ、2019年の日産のアメリカにおける販売台数(122万7973台)のうちローグは約29%を占めており、モデル別の販売台数ではトップであることから、同社における販売のけん引役となっていることは間違いありません。

【画像】「エクストレイル」はどうなる!? 新型「ローグ」の外観を画像で見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント