今こそセカンドカーで持ちたい! 窓も屋根もドアもない「スマート」を中古で探す

風を感じる爽快な走りは唯一無二の楽しさ

 搭載されたエンジンは598ccの直列3気筒インタークーラー付きターボの「SUPREX」。ベースのスマート・カブリオよりも15psパワーアップした最高出力70ps、最大トルクも5Nm向上した100Nmを発生していた。

smart「crossblade(クロスブレード)」
smart「crossblade(クロスブレード)」

 組み合わされるトランスミッションは、6速セミATの「SOFTOUCH(ソフタッチ)」。これはマニュアルトランスミッションをベースにしたシングルクラッチATで、オートマチックモードもあったのだが、この自動変速モードで走ると変速する際の空走感が大きかった。

 初代スマートはクーペ、カブリオ、クロスブレード、ブラバスとすべてこのソフタッチを採用していたため、ほとんどのオーナーは、シフトノブを奥に押してシフトアップ、引いてシフトダウンのマニュアル変速をおこなっていたという。

 筆者は2012年夏に東海地方で開催されたミーティングで、オーナー車を試乗させてもらったことがある。新車購入してから持ち続けているということだったが、まだ走行距離は1万kmを下回っていた。

 速度を上げていくと、当然ながら直接顔に風が当たってくる。リアからのエンジン音が直接耳に届いてくる。そのフィーリングはバイクとも違い、なんとも不思議な感覚だった。そして、街行く人々の視線が痛い。これほど注目されたモデルは後にも先にも記憶がない。

 スマート・クーペよりも重心高が低いせいか、コーナリングもロール感をともなわずにすっきりとクリアしていく。

 ただし、スーパーセブンほどドライバーの視線が低くないため、レーシーな感じでもない。速度を上げなくても確かに気持ちの良い走りが楽しめた。

 世界にただひとつ、スマート・クロスブレードのみの走行フィーリング。屋根もなく窓もなく、突然雨が降ったら濡れるしかないというこの潔さが良い。

※ ※ ※

 そんなスマート・クロスブレードを手に入れるには、こまめに中古車サイトをチェックしていくほかない。なんたといっても日本で59台しか正規輸入されなかった限定モデルだ。当然、なかなか中古車市場には出てこない。

 ただ、このモデルは程度の良い個体が多いことでも知られている。基本的には屋根のあるガレージで保管されるはずだし、走行距離もまだ1万kmに達していないモデルもあるようだ。

 10年ほど前には、中古市場で200万円を切るような価格で販売されていたこともあったが、現在では18年前に発売された当時の新車価格を超える、300万円超で取引される場合もあるという。

【画像】唯一無二! 窓もドアもない「スマート」を見る(9枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント