今こそセカンドカーで持ちたい! 窓も屋根もドアもない「スマート」を中古で探す

セカンドカーを持つなら、唯一無二の個性があるクルマを所有したい…そんな人に変わり種のモデルを紹介する。いまから18年前に登場した、初代スマートをベースとしたスマート「クロスブレード」だ。限定数の少なさや、程度の良い個体が多いこともあり、中古車市場では当時の新車価格よりも高い値段で取引されているという。

日本では2002-2003年に59台が正規輸入された

 買い物や長距離ドライブに行くファーストカーならば、家族がキチンと乗ることができたりコンフォート性能が高かったりと、いま流行のSUVやミニバンなどを選びたくなるところだが、もう1台、セカンドカーとして「遊びグルマ」を買うのであれば、実用性がまったくないようなクルマを選択するという手もある。

 中古車市場ではスポーツカーやオープンカーなど、ファミリーユースとは違うスペシャリティモデルの人気が高い。これらのなかには、数年前に比べて高騰しているモデルすら出てきている。だから数年乗ってから売っても、買ったときの値段より高く売れることだってあるのだ。

 今回紹介するのは、そんなトガった1台、スマート「クロスブレード」だ。

※ ※ ※

 スマート・クロスブレードは初代スマート「カブリオ」をベースにしたモデルで、2001年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開。その年の東京モーターショーでも展示されている。

 クロスブレードは世界限定2000台のモデルで、2002年5月に日本で限定25台が抽選販売され、翌年2003年1月に34台が追加販売されている。当時の車両価格は265万円で左ハンドルのみ。スマート・カブリオが170万円だったから、それよりも95万円高かった。

smart「crossblade(クロスブレード)」
smart「crossblade(クロスブレード)」

 最大の特徴は、屋根もなくドアもないスパルタンなモデルだということ。フロントウインドウも持たず、代わりにウインドウリフレクターが装着されている。

 ドアの代わりに、インテリア側にパッドの付いたサイドセーフティバーを装備。クルマに乗り込む際には、ダンパーの付いたこのセーフティバーを上げ、座ってから下ろす動作が必要だった。

 シートは撥水性のある素材を用い、突然の雨に備えている。また、駐車する際に雨風や日光から室内を守る黒いナイロン素材のトノカバーを標準で用意していた。

 全長2630mm×全幅1620mm×全高1510mm、ホイールベースは1810mm、車両重量は760kgというスペックで、ベースのカブリオよりも120mm長く、80mm幅広で、40mm背が低くなっていた。またトレッドはカブリオよりもフロントで10mm、リアで40mm広げられていた。

【画像】唯一無二! 窓もドアもない「スマート」を見る(9枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント