トヨタがSUVをスポーツカーに!? 306馬力の新型「RAV4 PHV」発売 バッジも青から赤で概念変える!

トヨタ「RAV4」の追加モデルとして、「RAV4 PHV」が追加設定されました。プラグインハイブリッドならではの動力性能と環境性能を兼ね備えたRAV4 PHVとは、どのようなモデルなのでしょうか。

エコだけどパワフル! 新型RAV4 PHVがついに登場!

 トヨタ「RAV4」のプラグインハイブリッドモデルとして、新型「RAV4 PHV」が追加され、2020年6月8日に発売されました。価格(消費税込)は469万円から539万円です。

RAV4の最上級グレード「RAV4 PHV」
RAV4の最上級グレード「RAV4 PHV」

 新型RAV4 PHVは、トヨタのPHVモデルとして「プリウスPHV」に次ぐ第2弾となります。

 プリウスPHVはエコなイメージで、リアに装着される「PHV」のエンブレムは青が用いられていますが、新型RAV4ではロゴを赤とすることでスポーティなイメージを付与。

 新型RAV4 PHVからプラグインハイブリッドの概念を変える、という想いが込められているといいます。

 新型RAV4 PHVは、新開発のプラグインハイブリッドシステム「THS II プラグイン」を搭載し、走りの楽しさを追求しています。

 RAV4のハイブリッド仕様よりもフロントモーターとインバーターを高出力化し、大容量・高出力の新型リチウムイオンバッテリーと組み合わせることで、システム最高出力306馬力を達成。モーターを最大限活用することで、瞬時に加減速することが可能となりました。

 さらに、PHVならではのエンジンによるアシストも加わり、0-100km/h加速は6.0秒と、スポーティで力強い走行が特徴です。

 プラットフォームは、TNGA(GA-K)を採用し、大容量リチウムイオンバッテリーを車体中央の床下に搭載。さらなる低重心化と重量バランスの最適化を追求し、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現しました。

 前後ショックアブソーバーの摩擦特性と減衰力特性を最適化し、コーナリング時の優れた操縦安定性や重厚感のあるしなやかな乗り心地を可能にします。

 新開発のプラグインハイブリッドシステムが生み出すパワーは、E-Four(電気式4WDシステム)によって四輪に配分。卓越した走行安定性を実現するとともに、コーナリング中や降雪時、雨天時の走行においても安心感が向上します。

 EVモードでの走行距離は、クラストップレベルの95kmを実現。ハイブリッド燃費は22.2km/Lで1300km以上の航続が可能になるなど、優れた環境性能も両立しています。

 エンジンを使って走行するHVモードでは、バッテリーパワーを活用してエンジン回転数を抑えることで、加速時のエンジンノイズを低減し、上質なドライビング空間としました。

 また、モーター主体の走りがもたらす静けさをさらに追求し、ボディへの入念なノイズ対策も実施しています。

 吸遮音材の最適配置のほか、ダッシュパネルやフロアの吸音材範囲を拡大。接合部の隙間も細部まで埋めることで、車内への音の侵入を抑制するとともに、高遮音性ガラスを採用し、風切り音を低減しました。

 さらに、エアコン冷媒の活用により、リチウムイオンバッテリーを最適に温度管理。劣化を促進する高温下での使用を避け、充電状態を適切に制御することでバッテリー本来の性能を発揮することができます。

 加えて、エアコンにヒートポンプシステムを採用しました。ヒートポンプが外気の熱を使ってエンジン冷却水を暖めて車内を暖房することで、エアコンを使用したときの消費電力を抑えてEV走行距離の低下を抑制します。

 PHVならではの機能として、最大1500W(AC100V)の外部給電機能を標準装備。ラゲッジスペースに設置されたアクセサリーコンセントに加え、付属のヴィークルパワーコネクターを車両後方右側の普通充電インレットに差し込むと、外部給電用のコンセントとして利用することができ、停電や災害時などの緊急時やアウトドアに役立ちます。

 さらに、使用目的に合わせて選べる、EV給電モードとHV給電モードのふたつの外部給電モードを設定。バッテリーだけを使って給電するEV給電モードに対し、HV給電モードはバッテリー残量が所定値を下回るとエンジンが起動し、ガソリン満タン状態なら3日程度の電力を供給することが可能です。

 また、自宅でも外出先でも気軽に充電可能な「普通充電」に標準対応。付属の充電ケーブルをコンセントに接続することで、充電ができます。

 外出先ではPHV充電サポートに加入することで、G-Station(充電器)が設置されているトヨタの販売店(約4200基)をはじめ、全国の普通充電スポット(約1万800基)での充電が可能です。

 リモート空調システムも採用され、スマートフォンのアプリやスマートキーを用いてエアコンを起動し、最大20分間車内の冷暖房が可能です。

 ラゲッジスペースは、大型リチウムイオンバッテリーやスペアタイヤを搭載しても、SUVとして十分の荷室容量490リッターの広さ確保をしました。

【画像】最強の「RAV4」登場! PHVモデルをチェック(52枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント