黒が際立つ! 三菱「アウトランダーPHEV」に特別仕様車「ブラックエディション」登場

三菱「アウトランダーPHEV」に、内外装に黒を取り入れた特別仕様車「ブラックエディション」が設定され、2020年6月4日に発売されました。

内外装に黒をふんだんに取り入れた「ブラックエディション」

 三菱「アウトランダーPHEV」に特別仕様車「ブラックエディション」が設定され、2020年6月4日に発売されました。価格(消費税込)は、441万3200円です。

三菱「アウトランダーPHEV ブラックエディション」
三菱「アウトランダーPHEV ブラックエディション」

 特別仕様車「ブラックエディション」は、これまでに「エクリプス クロス」「アウトランダー」「ミラージュ」「RVR」に設定されており、今回発売されるアウトランダーPHEVは第5弾となります。

 アウトランダーPHEV ブラックエディションの外観には随所に黒が取り入れられており、フロントグリルはブラックメッキ、前後スキッドプレートはブラックマイカ、フロントフォグランプベゼルにはピアノブラックを採用することで、スポーティで精悍な表情としています。

 また、ブラック塗装の18インチアルミホイールを装着し、足元を引き締めました。

 ボディカラーは、2トーンカラーのチタニウムグレーメタリック/ブラックマイカ、レッドダイヤモンド/ブラックマイカ、ホワイトパール/ブラックマイカの3種類を設定。

 ルーフ部をブラックマイカ塗装とすることで、低重心なイメージとしてスポーティさを際立たせました。

 また、モノトーンカラーはブラックマイカを設定し、合計4種類のカラーを展開しています

 内装も黒を用いており、ヘッドライニングと各種トリムをブラックで統一し、スポーティなドライビング空間としました。

 本革巻ステアリングホイールや前後コンビネーションシート、メーターフードなどのステッチをレッドとしたほか、ピアノブラックのセレクターレバー、ブラックカーボン調のドアトリムオーナメント、アルミペダルをアクセルおよびブレーキに採用し、スポーティさを高めています。

 さらに、従来は上級グレード「Sエディション」に装備されるビルシュタイン社製の高性能ショックアブソーバーを採用。優れた操縦性と上質な乗り心地を実現しました。

※ ※ ※

 アウトランダーPHEVは、プラグインハイブリッドの5人乗りミッドサイズSUVです。前後に1基ずつのモーター、大容量の駆動用バッテリー、2.4リッターエンジンなどで構成されるPHEVシステムを搭載し、力強く滑らかで静かなEVならではの走りと優れた環境性能を発揮します。

 また、ツインモーター4WDシステムおよび車両運動統合制御システム「S-AWC」により、ドライバーの意のままの操縦性と卓越した安定性を実現しました。

 2013年1月より日本で発売され、これまでに50か国以上で販売。累計販売台数は25万台以上と世界最多販売台数を誇るプラグインハイブリッドEVのSUVです。

三菱 アウトランダーPHEVの詳細を見る

【画像】黒がスポーティ! アウトランダーPHEV ブラックエディションをチェック!(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント