ゲートが開かない!? ETCレーンでトラブル発生! 車とバイクで異なる対処法

高速道路を走行する際に便利なETCですが、いざETCゲートを通過しようとしたら開かないというトラブルが起きることがあります。ETCゲートが開かない理由としてどのようなことが考えられるのか、またすでにレーンに進入してしまった場合はどう対処すべきなのかを、NEXCO東日本に聞いてみました。

ETCゲートが開かない原因は一体なに?

 高速道路を走行する際、多くのドライバーが利用しているETC。入口のETCゲートを通過しようと思ったら、ゲートが開かないというトラブルが起きることがあるようです。

高速道路を走行する多くの人が利用しているETC
高速道路を走行する多くの人が利用しているETC

 高速道路の入り口でETCゲートが開かない場合、通行するクルマのETCになんらかの不具合が発生している可能性が高いようです。NEXCO東日本は次のように話します。

「ゲートが開かない原因として、車載器へのETCカードの挿し忘れやきちんと挿入されていないケースに加え、ETCカードの有効期限切れ、車載器本体の故障などが考えられます」

 古いETC機器には確認のブザーだけ鳴る「ブザータイプ」もありますが、現在では「カードが挿入されていません」「カードを確認中です」「料金は○○円です」など、ETCカードの有無や料金を音声で教えてくれる「音声タイプ」の車載器が主流になっています。

 ETCゲートの手前には「ETCカード未挿入お知らせアンテナ」が設置されており、カードの挿し忘れを教えてくれます。これにより、未挿入によって通過できないという事態を未然に防ぐことができます。

 また、車載器は正常に機能しても、クレジット機能が一体になっている場合のETCカードが有効期限切れとなっている場合もあります。

 最新の車載器はカードの有効期限まで認識してくれるものもありますが、車載器のなかにはそこまで認識してくれないものもあります。

 ETCを利用する前に、しっかり車載器に挿入されているか、カードは有効期限内なのかを確認しましょう。

※ ※ ※

 車載器にETCカードを挿しっぱなしにしたままでいると、やはりトラブルの原因になりかねないのだそうです。

「ETCカードを常時挿入したままですと、車内の熱などによってカードの変形や劣化が起こり、通信異常やデータエラーの原因となることもあります」(NEXCO東日本)

 夏場は車内温度がかなり上昇します。熱によってETCカードが変形したり、内蔵されるICチップに記録されているデータが破損するなど、ゲートが開かない原因になることがあるといいます。

 また、ETCカードにはクレジットカード一体型もあり、車上荒らしなど盗難にあうケースも想定されます。

 クルマから離れる場合はETCカードを取り出しておき、利用するときに挿入するほうが安全です。

【画像】一体何があった!? ゲートがバッサリ切断された東名高速の東京料金所(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント