ホンダ「シビックセダン」復活からわずか3年で幕! グレイス、ジェイドも販売終了へ

ホンダのセダン「シビックセダン」と「グレイス」、ミニバン「ジェイド」の生産終了が明らかになりました。3車種が廃止されることになりましたが、それは一体なぜなのでしょうか。

2020年夏にホンダの3車種が生産終了

 ホンダ「シビックセダン」が2020年8月、「グレイス」は同年7月に相次いで生産終了することが明らかになりました。

 ホンダのセダンラインナップが一気に2車種減るほか、「ジェイド」も7月に生産終了となります。

2020年8月に日本市場から姿を消すホンダ「シビックセダン」
2020年8月に日本市場から姿を消すホンダ「シビックセダン」

 2017年に10代目へフルモデルチェンジしたシビックは、セダンとハッチバックに加え、ハッチバックをベースとしたスポーツモデルのタイプRの3つのボディタイプをラインナップ。

 なお、セダンとハッチバックは、2020年1月23日にマイナーチェンジをおこなったばかりでした。

 シビックはアメリカではセダンとクーペが販売されています。現行シビックはアメリカで発表されてから5年が経ち、そろそろ新型モデルの登場が期待されるタイミングですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により北米のモーターショーが中止(延期)され、発表のタイミングが遅れているようです。

 また、グレイスは、タイで「シティ」として販売されていますが、2019年11月に同国で新型モデルが登場。新型グレイスとしての導入が期待されていましたが、日本で販売しないことが決定したといいます。

 シビックセダンとグレイスの生産終了について、ホンダ広報部は次のようにいいます。

「シビックセダンについては、公式サイト内で『一部カラーがお選びいただけない場合があります』と記載しているように、予定では2020年8月をもって生産終了となる計画です。グレイスは7月に終了します。

 ほぼ同時にセダンが2台消えるのはホンダとしても残念ですが、選択と集中という流れのなかでの計画的な生産終了となります」

 ホンダはセダンが豊富で、シビックセダンとグレイスのほかに、「レジェンド」「クラリティPHEV」「アコード」「インサイト」と、大中小のモデルを揃えてラインナップの拡充を図ってきました。

 しかし昨今は、軽自動車やSUV、ミニバンが人気で、セダンは下火になっており、ラインナップの整理としてコンパクトな2つのモデルが廃止されることになったようです。

 なお、シビックは、ハッチバックとタイプRについては継続して販売され、タイプRは2020年夏にマイナーチェンジを実施する予定です。

【画像】ささっとシビックセダンやジェイドを見る!(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. 国産唯一のヒンジドアミニバンは失くならない。プリウスαがあります。嘘つき!ちゃんとチェックしてください。

  2. 今年の3月に隠れた名車グレイスを買ったばかりなのに、生産終了ですか。グレイスは走行性能、燃費など買って良かったと思っています。生産終了は残念ですが、ますます希少車種になりますね。

  3. グレイスやジェイドなんかは、i-DCTからe:HEVに変えるだけで、今の何倍、何十倍売れてもおかしくないと思うのだが。営業力さえあれば、だが。

    ホンダはそのうち国内の登録車販売から撤退するつもりなのかも・・・

  4. ジェイドは7人乗りが設定されていればなと今でも思う。
    ミニバンとして見たらただ狭いだけだし、ステーションワゴンとして見ても積載性が欠けるし。
    もとは中国向けなので日本にはダメ元で持ってきただけなのかもだけど。

  5. シビックセダンもグレイスも寄居工場で生産している機種
    これは生産ラインを更新して何か新しいモデルに対応するという予告なのか?
    S2000やNSXみたいなのを生産できるようなラインにするのか
    まさかのピックアップトラックを造れるようなラインにするのか
    いや、たぶん電気自動車だな
    それもペダルをもたないスロットル調整レバーと加速/減速のボタンで操作できるような
    ラジコンみたいな操作性のクルマ
    じゃあもうラジコンでいいじゃん(笑

  6. 「ホンダ「シビックセダン」が2020年8月、「グレイス」は同年7月に相次いで生産終了することが明らかに」 このままではCR-Vも同じ路線を歩む事に成るか? 
    ホンダは他社の同格の車に対し価格戦略で失敗。ユーザーの買い替え時の選択段階で価格面で候補から外される。 アメリカHondaでUSD30,000.-以下で販売されているCR-VハイブリッドAWDマスターピースのグレードがお膝元の日本で400万円台は売れるはずがない。

  7. 1月のマイナーチェンジで、シビックセダンだけ平成30年排出ガス規制に適合しなかったから、おかしいと思っていたんだよ。
    おそらく、9月から継続生産車にも上記規制が義務化されるから、このタイミングで生産終了なんだろうね。

  8. ジェイドはミニバンではなく、3列目のあるステーションワゴンとして売るべきだった。どう考えてもミニバンじゃない。いみじくも最初のコピー通り都市で仕方なく買う人にしか刺さらず。
    「軽自動車やSUV、ミニバンが人気で、セダンは下火」っていうより、今のホンダは値付けに失敗して普通車が売れないからだろ。
    この間ディーラーでフィットハイブリッドっていくらぐらいなの?って聞いたら、即答で300万ぐらいですって平気な顔で言われたぞ。古いステップワゴンで来ている客にN-BOX勧めてるし、なんか終わった感が否めない。