ホンダの伝統「タイプS」が復活! アキュラ新型「TLX」V6搭載で公開へ

アキュラは、新型「TLX」を2020年5月28日に公開すると発表しました。「タイプS」仕様も設定されるスポーティセダンになるといいますが、いったいどんなモデルになるのでしょうか。

「タイプS」仕様に搭載されるエンジンは?

 ホンダが海外で展開する高級ブランドのアキュラは、新型「TLX」を2020年5月28日(現地時間)に公開すると発表しました。アキュラのスポーティセダンとしてラインナップされてきたTLXですが、新型モデルには「タイプS」仕様も設定されるといいます。

 いったい、どのようなセダンとして登場するのでしょうか。

新型「TLX」はどのようなスポーティセダンになる?(写真は現行の「TLX PCMエディション」)
新型「TLX」はどのようなスポーティセダンになる?(写真は現行の「TLX PCMエディション」)

 今回2代目モデルとなる新型TLXの外観は、2016年に「アキュラプレシジョンコンセプト」で最初に導入され、その後2019年のモントレーカーウィークでデビューした「タイプSコンセプト」にも採用されたデザイン言語を継承するものとなっています。

 5月20日に公開されたティザー映像にはリアのデザインが映し出され、左右それぞれ2本出しのマフラーが装備されていることが確認でき、スポーティな雰囲気です。

 外観だけでなく、パフォーマンスも大きく進化しています。

 一度アキュラのラインナップから消滅したものの、今回復活を遂げるタイプSは、新型TLXの高性能モデルに位置づけられるということです。新型TLXタイプSには、3リッターV型6気筒ターボエンジンが搭載されます。

 そして、前述のティザー映像には「Type-S」と「SH-AWD」のエンブレムが装着されていることも確認されます。

※ ※ ※

 現行モデルのTLXは2014年に登場。ボディサイズは全長4844-4851mm×全幅1854mm×全高1447mmと、国産セダンと比べると比較的大柄です。

 搭載されるのは2.4リッター直列4気筒ガソリンエンジンと、3.5リッターV型6気筒ガソリンエンジンで、駆動方式はFFと4WDが設定されています。

 その後、2017年にフェイスリフトで顔つきが変わったほか、スポーティ仕様「A-Spec」が追加されたこともありました。

 今回、TLXが新型モデルとなることで、どのように進化するのか。とくに、専用エンジンが搭載されるタイプSに注目が集まります。

【画像】「タイプS」仕様はホンダ渾身のスポーツセダン!? 公開された画像を見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント