2020年3月は39%の大幅減! 世界の自動車販売台数最新情報を公開

自動車産業の世界的な調査会社であるJATOは、2020年3月の世界の自動車市場についてのレポートを公開しました。

もっとも大きな影響を受けたのは欧州

 自動車産業の世界的な調査会社であるJATOは、2020年3月期の世界の自動車市場レポートを公開しました。

世界の自動車市場のイメージ
世界の自動車市場のイメージ

 発表によると新型コロナウイルスの感染拡大は、すでに自動車産業へ大きな影響を与えており、2020年3月の世界の自動車販売台数は、昨年同月比39%減となる555万台でした。

 この結果は、2008年11月の世界金融危機時の25%減をも上回り、JATOが調査を始めた1980年以来、対前年比でもっとも大きな減少です。

 世界中に新型コロナウイルスが広がり、主要国で厳戒なロックダウンが布かれ、消費者の困惑と経済への不透明感が合わさったことにより、3月の販売台数は大きな減少を示すことになりました。

 JATOのグローバルアナリスト、Felipe Munoz氏は次のように述べています。

「この減少傾向は、ただ単に自由な行動が制限されたからではない。産業は将来への見通しが不透明であることに大きな影響を受けており、この問題は感染拡大が支配するよりも前から生まれている。

 昨年の年末時点ですでに、業界は困難な状態のなかで運営されていたことを忘れてはならない。貿易戦争、低い経済成長率、より厳しくなった排出ガス規制は、新型コロナウイルスよりももっと前から存在している課題だ。

 そして、前回の不景気とは異なり、人々の不安や、購買の遅れに対処すればいいだけではない。現状は、消費者が自宅を離れることがそもそもできない、ということを考慮しなければならないからだ」

 ちなみに、2020年の第一四半期の世界販売台数は、昨年同期比26%減となる1742万台でした。

【画像】世界の自動車市場に対する新型コロナウイルスの影響のイメージを画像で見る(7枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント