ステーションワゴンみたいだけど超絶カッコイイ!? 珍ハッチバック車3選

現在、ステーションワゴンは減少傾向ですが、生き残っているモデルは流麗で美しいモデルばかりです。一方、かつてステーションワゴンのようでありながら、ハッチバックとして販売されたモデルが存在。そこで、いま見ても斬新なデザインのハッチバック車を3車種ピックアップして紹介します。

まるでシューティングブレークのようなクルマを振り返る

 以前は世界的に隆盛を誇っていたステーションワゴンですが、現在は日本のみならずアメリカでも激減しています。

かつて存在したユニークなハッチバック車たち
かつて存在したユニークなハッチバック車たち

 ステーションワゴンはセダンを大きく凌駕する積載性がありながら、走行性能はセダンに匹敵することで人気となりましたが、いまはSUVがそのポジションに君臨しています。

 一方、かつてステーションワゴンのスタイルに近いモデルで、ハッチバックとして販売されたモデルが存在。

 そこで、いま見ても斬新なデザインのハッチバック車を3車種ピックアップして紹介します。

●トヨタ「カローラ リフトバック」

いまでは見られないタイプのフォルムだった「カローラ リフトバック」
いまでは見られないタイプのフォルムだった「カローラ リフトバック」

 現在、トヨタ「カローラ」はセダンとステーションワゴンをラインナップしていますが、かつてはセダンを基本とし、2ドアハードトップ、3ドアクーペ、バン、ステーションワゴンと幅広いボディバリエーションを展開。

 そのなかでもユニークなボディタイプとして、クーペと似た外観ながらルーフを伸ばし、なだらかな傾斜角のリアハッチを持つ「カローラリフトバック」がありました。

 1979年に発売された4代目カローラは、先代までの丸みを帯びたデザインから直線基調でシャープな外観に一新されましたが、引き続きリフトバックをラインナップ。

 2ドアでリアハッチを有するスタイルは、欧州の「シューティングブレーク」を彷彿させるだけでなく、実際に荷物の積載能力が優れており、レジャー用途にも使えるモデルでした。

 また、トップグレードの「1600GT」には、「カローラレビン」と同じ最高出力115馬力(グロス)を発揮する1.6リッター直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、スポーティな走りを実現。

 人気は、セダンや2ドアハードトップ、3ドアクーペには届きませんでしたが、現在のスポーツワゴンの先駆け的存在です。

●ホンダ「アコードエアロデッキ」

いま見て色褪せない魅力があるフォルムの「アコードエアロデッキ」
いま見て色褪せない魅力があるフォルムの「アコードエアロデッキ」

 初代ホンダ「アコード」は1976年に発売され、当初のボディタイプはハッチバックのみでしたが、後にセダンが追加されます。

 そして、1985年に登場した3代目では、一般的なハッチバックが廃止され、代わりにステーションワゴンタイプの3ドアモデル「アコードエアロデッキ」がラインナップ。

 リトラクタブルヘッドライトを採用したスポーティなフロントフェイスに、キャビンはフロントからリアへなだらかに傾斜するロングルーフデザインを採用した流麗なフォルムを実現。それまでの国産車には無いスタイリッシュな外観となっています。

 また、トップグレードの「アコードエアロデッキ 2.0Si」には、最高出力160馬力を発揮する直列4気筒DOHCエンジンを搭載。4輪ダブルウイッシュボーン式サスペンションと相まって、美しい見た目だけではなく優れた走行性能を実現します。

 しかし、1989年に4代目へフルモデルチェンジした際に、セダン、クーペ、ステーションワゴンのラインナップとなったため、エアロデッキは消滅してしまいました。

【画像】超絶カッコイイ! 往年の珍ハッチバック車を見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事