期待度MAX! 新型軽SUV「タフト」以外にも魅力的なモデルが存在!? 軽4WD今昔5選

近年、軽SUVはさまざまなモデルが存在しますが、現在は販売終了しているモデルのなかにも魅力的なモデルが存在しました。そこで、最新モデルからかつての名車まで、個性豊かな軽SUVを5車種ピックアップして紹介します。

歴史あるクルマから新参者まで、現行の軽クロカン

 2020年に入って軽SUV市場が盛り上がりを見せており、同年1月にはスズキ新型「ハスラー」が発売されたほか、同年6月にはダイハツ新型「タフト」が発売される予定です。

 一方、ハスラーやタフトのほかに、スズキの現行モデルとして本格軽クロスカントリー車「ジムニー」が存在するほか、過去には個性豊かな軽SUVが存在しました。そこで、最新モデルからかつての名車まで、個性豊かな軽SUVを5車種ピックアップして紹介します。

ダイハツ新型「タフト」
ダイハツ新型「タフト」

●ダイハツ「タフト」

 2020年1月、幕張メッセで開催された東京オートサロンで、俄然注目を集めていたモデルが新型タフトです。同名のモデルは1974年から本格クロカン四駆として販売していましたが、新型は新ジャンルのクロスオーバー軽自動車となりました。

 注目すべきはエクステリアのデザインです。タフで道具感に満ちた無骨ともいえるスクエアなボディに、15インチ大径タイヤ+樹脂製フェンダーを採用して、最低地上高190mmを確保したのが特徴です。

 ボディサイズは軽自動車規格内の、全長3395mm×全幅1475mm×全高1630mmで、ホイールベースはライバル車のスズキ「ハスラー」と同じ、2460mmとたっぷりあります。

 プラットフォームは、2019年にフルモデルチェンジしたタントが初採用した「DNGA」(Daihatsu New Global Architecture)で、エンジンは660cc直列3気筒自然吸気/ターボの2種類です。

 また、大きな開放感をもたらすガラスルーフ「スカイフィールトップ」が全車に備わることも新型の特徴でしょう。

 インテリアは丈夫でタフ、そしてアクティブに使えるフレキシブルなシートアレンジが自慢の「バックパック・スタイル」で、徹底的に使い倒すための後席&ラゲッジを目指しました。

 新型タフトの発売は2020年6月が予定されています。

●スズキ「ハスラー」

 ハスラーは、軽自動車とSUVのクロスオーバーとして登場した車種です。2014年に登場した初代モデルは、デビューから6年で48万台以上が販売されました。

 その後、2020年1月に2代目が登場し、大きく生まれ変わりました。プラットフォームも、高剛性と軽量化を両立するために一新されています。

 搭載されるエンジンは660cc直列3気筒の自然吸気/ターボで、全モデルにマイルドハイブリッドシステムが搭載されています。

 また、新型プラットフォームのホイールベースは、従来と比べ35mm延長されて2460mmになり、その恩恵は後席の広さに繋がりました。

 最低地上高180mmを活かして、多少荒れた道でも躊躇せずに乗り入れることが出来ます。

 エクステリアは、角ばったスタイルと丸目のヘッドライトで、愛嬌のある表情を生み出しています。また、個性的なボディカラーを豊富に取り揃えているのも、ハスラーの特徴といえます。

 インテリアはアウトドアスタイルを取り入れて、メーター、ディスプレイ、グローブボックスを枠で縁取った遊び心のあるデザインとしました。

 アウトドアでの使い勝手も考慮して、機能性を追求した収納スペースなどが各所に設けられるとともに、後席を前に倒してフルフラットにすることで、車中泊にも対応可能です。

 ラゲッジスペースや後席背面に防汚仕様の素材を用いることで、濡れたものや汚れたものを収納できるなど、レジャーシーンで便利な機能も備えています。

【画像】新型「タフト」は軽SUVの中でも個性派!? 軽4WD車たちを画像で比較(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. いつものリサイクル記事ですね。