もはや復活はありえない!? 1.6リッターコンパクトカー3選

現行モデルで唯一の1.6リッタースポーツコンパクトとは!?

●日産「ノートニスモS」

国産現行モデルでは貴重な1.6スポコンの「ノートニスモS」
国産現行モデルでは貴重な1.6スポコンの「ノートニスモS」

 2005年に発売されたコンパクトカーの日産「ノート」は、初代が1.5リッター直列4気筒エンジンを搭載し、2012年発売の2代目では、1.2リッター直列3気筒エンジンと、これにスーパーチャージャーを組み合わせた「ダウンサイジングエンジン」を採用。

 さらにノートといえばエンジンで発電してモーターで走行する「e-POWER」が加わったことで、一躍コンパクトカークラスの販売台数1位(2018年)に輝き、大いに話題となりました。

 e-POWERばかりが注目されていますが、現行ノートにはスポーティモデルとして「ノートニスモS」もラインナップされています。

 ノートニスモSに搭載されるエンジンは、専用の1.6リッター直列4気筒自然吸気で、高圧縮比化してハイリフトカムシャフトが組み込まれるなどのチューニングが施され、最高出力140馬力を発揮。

 組み合わされるトランスミッションは5速MTのみで、ドライバーの意志をダイレクトにタイヤに伝えながら運転を楽しむことができます。

 ほかにもノートニスモSの装備として、エキゾーストシステムや強化サスペンション、専用ブレーキシステム、ボディ補強、専用のブリヂストン「POTENZA S007」タイヤなどが採用されています。

 日常的な使い勝手もよりノートニスモSなら、通勤や買い物に活躍しながら、週末にはワインディングロードを楽しむといった使い方が似合うのではないでしょうか。

※ ※ ※

 1.6リッターエンジンがかつて人気となった背景にはモータースポーツが関係しています。

 モータースポーツでの排気量区分のひとつが1.6リッターで、市販車をベースにしたレースでは、当然、1.6リッターエンジンを搭載したモデルが必要です。

 そのため、冒頭のシビックやカローラレビンなど、各社が1.6リッター車を販売していました。

 しかし、モータースポーツ人気も下火となり、排気量区分も変わってきたことから、1.6リッターエンジンは激減し、現在の状況になったというわけです。

【画像】もはや絶滅寸前!みんなに愛されたスポコンたちを見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事