もはや復活はありえない!? 1.6リッターコンパクトカー3選

かつて、若者を中心に絶大な人気を誇った1.6リッターエンジンを搭載するスポーツコンパクトは、いまでは絶滅寸前です。一方、わずかに残ったモデルや、高年式の中古車としてまだまだ購入が可能。そこで、比較的最近の1.6リッター自然吸気エンジンを搭載したモデルを、3車種ピックアップして紹介します。

いまでは希少な1.6リッタースポーツコンパクトを振り返る

 かつて、ホンダ「シビックSi」やトヨタ「カローラレビン」といったスポーティなコンパクトカーといえば、1.6リッターの高性能自然吸気(以下NA)エンジンを搭載していました。

世界的にもレアなモデルとなっている1.6リッターNAスポーツコンパクトたち
世界的にもレアなモデルとなっている1.6リッターNAスポーツコンパクトたち

 しかし、2000年代になると、これら1.6リッターNA高性能車は激減し、いまでは希少な存在です。

 一方、少し前までは1.6リッターNA高性能車がわずかながら存在。そこで、最新モデルとちょっと前の1.6リッターNA高性能車を3車種ピックアップして紹介します。

●ミニ「クーパー」

優れた足まわりと高性能エンジンを搭載したミニ「クーパー」
優れた足まわりと高性能エンジンを搭載したミニ「クーパー」

 BMWグループのプレミアムスモールとして2001年に登場した「ミニ」は、BMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)が販売していたミニを彷彿とさせるデザインで、発売直後から世界中で人気となりました。

 グレードはベーシックな「ワン」、スポーティな「クーパー」、スーパーチャージャーを装着した「クーパーS」で、軽快に走りも大いに評価されました。

 2006年に登場(日本での販売は2007年から)した第2世代のミニは、ボディサイズを若干拡大し、クーパーにはPSAと共同開発した1.6リッター直列4気筒エンジン、クーパーSには最高出力175馬力の1.6リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載。

 そして、クーパーには120馬力の1.6リッター直列4気筒NAエンジンを搭載し、絶対的なパワーではクーパーSには及びませんが、むしろアンダーパワーを使い切るような走りは、スポーツそのものといえました。

 第2世代のミニのボディは一般的なハッチバックのサルーンに加え、クラブマン、コンバーチブル、クロスオーバー、クーペ、ロードスター、ペースマンと、7種のボディバリエーションがあり、中古車も豊富なので手軽に1.6リッターNAが味わえるモデルとして、人気を維持しています。

 なお、現行モデルの第3世代では、全車ターボエンジンになりました。

●スズキ「スイフトスポーツ」

シリーズ最後の自然吸気モデルとなった3代目「スイフトスポーツ」
シリーズ最後の自然吸気モデルとなった3代目「スイフトスポーツ」

 初代スズキ「スイフト」は2000年に「カルタス」の後継車として発売。88馬力の1.3リッター直列4気筒DOHCエンジンを「ワゴンRプラス」と共通のプラットフォームに搭載したクロスオーバーSUV風のスタイルでデビューしました。

 2003年のマイナーチェンジでは115馬力を発揮する1.5リッター直列4気筒エンジンを搭載し、専用サスペンション/ブレーキを搭載しエアロパーツを装着した「スイフトスポーツ」が誕生。コストパフォーマンスの高さが話題となりました。

 そして、2005年に登場した2代目スイフトスポーツでは、1.6リッター直列4気筒エンジンを搭載し、ラリーをはじめモータースポーツで活躍したことで、スイフトスポーツの名声が一気に高まります。

 2011年には3代目が登場し、エンジンは2代目と同じく1.6リッターNAエンジンを踏襲。

 全長3890mm×全幅1695mm×全高1510mmとコンパクトな車体に136馬力を誇るエンジンを搭載し、トランスミッションはシリーズ初の6速MTとパドルシフト付7速マニュアルモードを採用したCVTが設定されました。

 外観はやや控えめながら、専用デザインの前後バンパーやルーフスポイラー、左右2本出しのマフラーを装備し、スポーティに演出。

 パワフルなNAエンジンならではの反応の良さと、1トン少々の軽量な車体によって、十分にスポーツカーといえるモデルに仕立てられています。

 2017年に登場した現行モデルの4代目では、1.4リッター直列4気筒ターボに換装されたため、3代目が1.6リッターNAエンジン搭載車としてシリーズ最後となりました。

【画像】もはや絶滅寸前!みんなに愛されたスポコンたちを見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事