まだ「ジムニー」は1年待ち!? 待ってでも欲しい! 他に類を見ない魅力とは

長い納車待ちが続いているスズキ「ジムニー」。待ってでも乗りたいジムニーの魅力とは、なんなのでしょうか。

スズキ「ジムニー」は今買ったらいつ納車される? なぜ納期が長いのか

 スズキ「ジムニー」は2018年7月に4代目へとフルモデルチェンジして以降、納車待ちが非常に長くなっているようです。現在の納車時期は一体どれほどなのか、さらに待ってまで乗りたくなる魅力はどこにあるのでしょうか。

ジムニー人気はまだまだ続く!? 納車が長引くワケとは
ジムニー人気はまだまだ続く!? 納車が長引くワケとは

 現行の4代目ジムニーは、20年ぶりのフルモデルチェンジということもあり、登場以降販売台数も増え続けています。

 全国軽自動車協会連合会によれば、フルモデルチェンジした2018年には2万942台、2019年には3万821台、2020年に入ってからも3月までで6976台の売り上げを記録。

 一方で、その人気の高さから注文後から納車までには長い時間がかかるようです。ジムニーの人気と納期について、スズキ販売店のスタッフは以下のように話しています。

「新型となったジムニーは、発売直後は4か月ほどで納車できる状態でした。しかし、それ以降は納期が伸びており、現在は注文を頂いても1年ほど待って頂くような状態です」

 すぐに乗り換えたいユーザーやどうしてもジムニーを必要とするユーザーにとって、1年という納期は非常に長い期間です。

 例えば、2020年5月上旬現在の納期はトヨタ「プリウス」で7月上旬以降、「86」で8月または9月以降となっており、ほかの車種もおおむね半年以内には納車される見込みとなっています。

 では、なぜジムニーではこれ程までに納車に時間がかかってしまうのでしょうか。その要因について、前出のスタッフは以下のようにも話します。

「今どきのクルマの多くは溶接された箱型のボディですが、ジムニーは車体の上部分と下部分が別体となっているため、製造方法が普通のクルマと異なります。そのため、まとまった数を量産しづらいといわれています。

 また、個性的なエクステリアが好評で、若年層や女性からも人気があります。そうしたニーズと製造の手間があり、需要を供給が上回ってしまっているのです」

 ジムニーは、初代モデルから本格的なオフロード性能を持つクルマとして人気を集めました。そのオフロード性能を支えているのが、「ラダーフレーム」と呼ばれる車体の構造です。

 現在販売されている多くのクルマは「モノコック構造」となっており、人が乗る金属のボディにサスペンションなどの足回りやエンジンを取り付けています。

 しかし、ラダーフレーム構造では、土台となるフレームにボディを載せているため、製造工程が通常のクルマとは異なっています。

 また、ジムニーは海外展開もしている普通車「ジムニーシエラ」と同じ製造ラインで生産しており、ジムニーシエラは2019年に国内で1万台以上が販売され、英国などの海外でも購入することができる車種です。こうした兄弟車種の存在も、ジムニーの納期が長くなる原因とされています。

【画像】まるでGクラス!? オーラがスゴいジムニーを見る!(42枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ジムニー待ってまでも欲しくない