燃費だけじゃない! ボルボ新型セダン「S60」PHEVの走りは大人のスポーティ

3代目となるボルボの新型セダン「S60」。このDセグメントクラスには、BMW「3シリーズ」やアウディ「A4」、メルセデス・ベンツ「Cクラス」というドイツ3強モデルがあるが、新型S60の走りはライバルと比較してどうか。プラグインハイブリッドの「S60 T6 AWD」に乗った。

スタイリッシュさと清楚な内装はライバルのドイツ車にはない魅力

 2016年の「XC90」から始まったボルボの快進撃はまだまだ続くようだ。

 SUVの「XCシリーズ」は「XC60」「XC40」と続き、ステーションワゴンの「Vシリーズ」は「V90」「V60」と、すべて新しいプラットフォームによる上質な乗り味のボルボが浸透してきた。ちなみに、数字が大きいほうがボディも大きいことを意味する。

 SUV、ワゴンに続いて登場したのは新型「S60」。ボルボの「Sシリーズ」はセダンを意味する。

ボルボ「S60 T6ツインエンジンAWD」はプラグインハイブリッドモデル
ボルボ「S60 T6ツインエンジンAWD」はプラグインハイブリッドモデル

 S60はワゴンのV60とサイズも同じだし、V60のセダンバージョンと考えてよい。スカンジナビアンデザインによってボルボらしい清楚な感じと、スタイリッシュな要素が取り入れられている。

 このS60のライバルは、BMW「3シリーズ」、アウディ「A4」、メルセデス・ベンツ「Cクラス」というドイツの3強モデルだろう。サイズ的にはひと回り大きいが、日本車でもトヨタ「クラウン」、日産「スカイライン」あたりも価格の面では競合してくるはずだ。

 XC90から始まった新しいプラットフォームによって、S60も非常にしっかりしたボデイ剛性を感じられるようになり、先代からは数段上のレベルに達している。これはドイツの3強に対しても、勝るとも劣らないところまできていると思う。ハンドリングと乗り心地の良さが際立っている。

 いまは世界中でSUVやクロスオーバーの人気が高いが、セダンも定番商品として定着している。重心の低さからくる安定感の高さ、ハンドリングのしやすさなどは、セダンのアドバンテージといえる。

 ボルボは日本仕様にもいち早くDRL(デイタイム・ランニング・ライト)を採用した。トールハンマーをイメージしたDRLは、ひと目で新世代のボルボだということがわかるものだ。その明るさは周囲のクルマに対して存在感を示し、安全に走るには効果的だ。

 ボルボが3点式シートベルトの特許を公開してから60年が経つ。こうした安全に対する姿勢や考え方に、世界の人々が共感しているのもまた、ボルボの強みだろう。

ボルボ「S60」PHEVを画像でチェック(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント