5つ星クラスの迷車があった!? 平成の愛すべきマイナー車5選

ヒットするクルマがある一方で、販売台数が極端に低迷してしまうクルマも存在します。一方で、本当に売る気があったのかと疑問に思うようなクルマも存在。そこで、平成時代にデビューしたマイナーなクルマを5車種ピックアップして紹介します。

いまでは激レアな珍車・迷車たちを振り返る

 現在、日本の自動車市場では、年間20万台以上売れるクルマもあれば100台ほどしか売れないクルマも存在します

平成のころは珍車・迷車の宝庫だった!?
平成のころは珍車・迷車の宝庫だった!?

 高級車やスポーツカーといった高額なモデルの場合は、そもそも販売目標が低く設定されているので、それほど売れなくても問題はないのですが、厄介なのは単純に人気がないモデルです。

 そこで、平成時代にデビューしたマイナーなクルマを5車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「インテグラSJ」

ホンダ車のなかでも珍車中の珍車「インテグラSJ」
ホンダ車のなかでも珍車中の珍車「インテグラSJ」

 ホンダ「インテグラ」といえば「タイプR」に代表されるスポーティなモデルを連想しますが、1996年に発売された「インテグラSJ」は、ごく普通の4ドアセダンです。

 インテグラSJは同時期に販売されていた4ドアセダンの「シビックフェリオ」のボディを流用し、フロントマスクは、ステーションワゴンの「オルティア」から流用するという、かなり安上がりな作りでした。

 搭載されたエンジンは4気筒1.5リッターのみで、VTEC仕様とスタンダード仕様の2種類をラインナップ。

 インテグラSJのコンセプトはフォーマルなセダンでしたが、目立った特徴はなく、当時の販売チャネル「ベルノ店」が販売するラインナップの隙間を埋める目的で作られました。

 しかし、2000年にシビックシリーズがフルモデルチェンジした際に、販売の低迷による車種整理のために生産を終了。後継車はなく、その存在を知る人も少ないホンダを代表する迷車です。

●マツダ「ファミリアNEO」

室内の広さを優先した結果、日本では売れなかった「ファミリアNEO」
室内の広さを優先した結果、日本では売れなかった「ファミリアNEO」

 マツダを代表する大衆車として誕生した「ファミリア」は、代を重ねるごとに高性能モデルが登場するなど、スポーティ路線に転換していきました。

 しかし、1994年に発売された8代目ファミリアでは高性能モデルは設定されず、スポーティな3ドアハッチバッククーペの「ファミリアNEO」がラインナップされます。

 クーペでありながらルーフラインを高くしたことで、優れたスペースユーティリティを実現しており、前端から後端まで流れるようなワンモーションのフォルムもスタイリッシュでした。

 このスタイルは海外で高く評価されましたが、国内ではユーザーに受け入れられず、エンジンも1.8リッターと1.5リッターの平凡な直列4気筒しか設定されなかったこともあり、販売は低迷。

 結局、発売からわずか2年後の1996年に、ファミリアNEOはラインナップから消滅するかたちで国内販売を終了しました。

●スズキ「グランドエスクード」

発想としては正しかったはずが出るのが早すぎた「グランドエスクード」
発想としては正しかったはずが出るのが早すぎた「グランドエスクード」

 スズキ「エスクード」は、30年もの歴史を持つミドルクラスSUVで、世界各国で販売されて高い人気を誇ります。

 そして、エスクードの派生車として2000年に「グランドエスクード」が登場。2代目エスクードをベースに全長を485mm延ばした4575mmとし、長くなった室内長を活かして3列シートを設置した7人乗りのSUVです。

 搭載されたエンジンは新開発の2.7リッターV型6気筒DOHCで、駆動方式はパートタイム式4WDを採用。高剛性のラダーフレームと相まって、高い悪路走破性能を備えていました。

 しかし、販売台数は低迷し、2003年のマイナーチェンでフロントフェイスが一新されるも、販売台数は好転せず2005年に生産を終了。

 現在、3列シートのSUVが好調な売れ行きを記録していることを考えると、グランドエスクードは登場が早すぎたのかもしれません。

【画像】今ではレアすぎる!クルマを見る(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント