「プリウスは何位?」 2019年燃費ランキング 最も燃費が良かったのは…

国土交通省は、令和初となる「燃費ランキング」公表しました。購入時に気になる燃費でもっとも良かったのは、どんなモデルなのでしょうか。

燃費N0.1はやっぱりあのクルマ?

 国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、燃費の良い乗用車を発表しています。

 これまで、日本独自の試験方法「JC08モード」が使われていましたが、2017年の夏以降から国際的な試験方法となる「WLTCモード」に切り替わっています。

燃費No.1はやっぱりあのクルマだった!?
燃費No.1はやっぱりあのクルマだった!?

 今回、国土交通省が公表した「燃費ランキングTOP10」は、JC08モードをもとに制作されていますが、なぜ主流になりつつあるWLTCモードではなく、JC08モードでの公表となったのでしょうか。

 国土交通省の担当者は、次のように話します。

「現時点で販売されている車種には、まだJC08モードでしか計測してないものもあり、今回はJC08モードで公表しています。2020年9月以降は、販売されている車種はWLTCモードを表記することになっているため、来年からはWLTCモードの燃費値を比較する予定です」

※ ※ ※

 では、令和初かつJC08モード最後の燃費TOP10はどうなるのでしょうか。まずは、「普通・小型自動車部門」から見ていきます。

 1位は、エコカー市場をけん引しつづけるトヨタ「プリウス」の39.0km/Lとなり、2位は同じくトヨタの「アクア」が38.0km/Lで続きます。

 3位に日産「ノート」とホンダ「フィット」の37.2km/L。5位に2019年9月に発売されたトヨタ「カローラ(セダン)」と「カローラツーリング(ワゴン)」の35.0km/Lがランクインしています。

 ここまでは、おおよそ登録車(3ナンバー/5ナンバー)においても販売台数ランキングでの上位に名を連ねるモデルということもあり、「売れているクルマ=燃費の良いクルマ」ということになりそうです。

 また、7位はホンダのエントリーセダン「グレイス(34.8km/L)」となり、8位から10位はトヨタの旧型モデル「ヴィッツ」、「カローラアクシオ」、「カローラフィールダー」の34.4km/Lという結果でした。

 なお、前出のフィットは先代の3代目モデルとなり、2020年2月に販売された4代目の新型モデルや、ヴィッツの後継モデル「ヤリス」はランキングには含まれていません。[k1]

 これは、2019年末時点のデータが基になっていることと、ヤリスはJC08モードでの試験を公表していないためです。

【画像】燃費が良いクルマを画像見る!(15枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー