コロナ禍の中開通した横浜北西線で「幻の開通式」! サプライズで盛り上げたのは誰?

2020年3月22日に首都高速横浜北西線が開通しましたが、新型コロナウイルス感染防止のため、開通式典などはおこなわれませんでした。しかし開通当日には、いまできる範囲で開通を祝う粋なサプライズ企画があったといいます。いったい何がおこなわれたのでしょうか。

開通直後、トンネル入り口上でサプライズが! 企画したのは誰?

 2020年3月22日に開通した横浜北西線は、2017年3月に開通した横浜北線と直結する路線として、東名高速道路と第三京浜道路を結ぶ延長約7.1kmの自動車専用道路です。 横浜北線と一体になり、東名横浜青葉から横浜港までが直結されました。

 新型コロナウイルスの影響で開通式典はおこなわれなかったものの、開通当日には横浜北西線開通を祝う粋なサプライズがあったといいます。いったい、何がおこなわれたのでしょうか。

首都高速横浜北西線開通日に手を振る職員の様子
首都高速横浜北西線開通日に手を振る職員の様子

 筆者(加藤久美子)は横浜青葉ジャンクションの近くに住んでおり、北西線の開通をずっと待ち望んでいた近隣住民のひとりです。

 1月末に報道関係者向けの現場公開に参加し、その後の「ファンラン」(2月29日に開通前の北西線を走るイベント)や、「一般公開イベント」(3月8日)、そして開通当日の開通式典も取材の予定でしたが新型コロナウィルスへの感染予防のため、これらのイベントはすべて中止となりました。

 少し寂しい開通となりましたが、筆者は開通の3月22日16時と同時に東名横浜青葉インターと同じ場所から北西線に入りました。

 北西線は全長7.1キロのうち約4.1kmがトンネルです。青葉側からは料金所を過ぎて間もなく「横浜北西トンネル」が始まります。

「ついに完成したんだなあ」と感慨深く、工事が本格化した6年前から7年前ぐらいのことを思い出しながら走っていると、助手席の息子が窓を開けて手を振り始めました。

 その先には近隣住民の皆さまが手を振って北西線を通るクルマを見送る姿がありました。そして、さらにすぐ先のトンネル入口の上では、緑色のユニフォームを着た関係者らしき人々がずらっと一列に並んで、笑顔で手を振ったり、小旗を振ったりする姿が。

 なんとも意外な場所で、予想しなかったサプライズな見送りを受けることになったのです。

 助手席の息子が「おめでとうございます!」と叫びながら手を振ると、トンネルの上に立っていた関係者の皆さまから、口々に「ありがとうございます!」という声が返ってきました。

 北西線開通を祝う、サプライズなお見送り。ハンドルを握りながら、心が温かくなり熱いものがこみ上げてきました。

 SNSでは同じようにこの「お見送り」にウルっと来た人々、感動した人々、「嬉しかった」という人々の書き込みがたくさん見られました。青葉側だけではなく、港北側のトンネル入り口でも同様のお見送りがあったようです。

【祝・開通!】横浜北西線はどんな道路? 開通初日の様子を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント