若者もやっぱりクルマが欲しい!? 人生初のクルマとして最適なモデルとは

新年度を迎えるにあたり、クルマの購入を検討している若者も多いのではないでしょうか。初めてのクルマを選ぶ際にどのようなことを重視したら良いのか、クルマのプロに聞いてみました。

経済的な余裕はないものの、クルマが欲しいと考える若者も多い

 新年度を迎えるにあたり、初めてのクルマを購入したいと考えているフレッシュマンもいるのではないでしょうか。

若者にふさわしいクルマとは?
若者にふさわしいクルマとは?

 自動車保険を取り扱うソニー損保が実施したアンケートによると、2020年度の新成人の運転免許保有率は56.4%。現在教習所で免許取得中の人は3.6%、時期は未定ながらいずれ免許取得を考えている人は22.5%にのぼり、8割以上の新成人が普通免許を取得、または取得する予定になっています(ソニー損保「2020年 新成人のカーライフ意識調査」)。

 クルマの購入予算の平均は184万円で、2019年度の同じアンケートより9万円アップしているといいますが、新成人のマイカー保有率は14.8%で、クルマを所有していない人の多くが「購入費用を負担に感じる」と回答しています。

 また、実際にカーライフにかけられる金額は平均1万4763円/月で、5年連続で下降中。さらに37.4%の新成人が「若者のクルマ離れ」を自覚しており、63.4%が「クルマを所有する経済程余裕がない」と回答しています。

 若者がクルマを所有するのは難しい状況である一方、レンタカーやカーシェアリング利用者の35.1%が「クルマを欲しい気持ちが強くなった」とも回答しています。

 そこで、フレッシュマンに最適なクルマについて、クルマのプロを聞いてみました。さまざまなクルマを見てきた整備のプロは、どのようなクルマをオススメするのでしょうか。

 板金修理や車体整備などを手がける「秀自動車」(栃木県宇都宮市)の高島氏は次のようにいいます。

「どんな使い方をしたいかで車種は変わってくると思いますが、まずは運転しやすく、価格と性能のバランスに優れたクルマがいいと思います。

 週末の趣味のためにクルマが欲しいなら、荷室の積載量が大きいとか、最低地上高は高めがいいなど、性能が特化したクルマでもいいと思いますが、オールマイティに使いたいのであれば、1リッターエンジン搭載車、いわゆるリッターカーが経済的にもオススメです。

 もうひとつは、車両感覚がつかみやすく、死角の少ないクルマがオススメです。とくに斜め後方が見にくいかをチェックしてみてほしいです。複数の車線がある道路を走行する場合、斜め後方から来るクルマを視認できるかどうかが大きなポイントになります」

【画像】若者にオススメのリッターカーとは?(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント