高速道路では30km/L超え!? ホンダ新型「フィット」は低燃費? HV仕様の実燃費を検証

2020年2月にフルモデルチェンジしたホンダのコンパクトカー新型「フィット」のハイブリッド仕様の実燃費はどれくらいなのでしょうか。高速道路やワインディング、一般道を実際に走って、燃費を測定してみました。

高速道路では30km/L超えの超低燃費を記録!?

 2020年2月14日にフルモデルチェンジし、4代目へと進化したホンダ「フィット」は、先代から打って変わってシンプルなデザインとなり、数値には表せない心地よさをキーワードとしたモデルに生まれ変わりました。

もっとも低燃費なホンダ新型「フィット(ベーシック)」
もっとも低燃費なホンダ新型「フィット(ベーシック)」

 奇しくも同じタイミングでライバル車種となるトヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」も、装いも新たに「ヤリス」と名前を変えて登場したことで、新型フィットへの注目度もよりいっそう高まっています。

 新型フィットのハイブリッド車は、滑らかな走りを実現する2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」をホンダのコンパクトカーとして初搭載。走る楽しさとともに、優れた燃費性能を両立するパワートレインで、実燃費がどのくらいなのかは気になるところでしょう。

 今回のテストではハイブリッドモデルのなかでもエントリーグレードの「e:HEV ベーシック」を使用。WLTCモード燃費29.4km/Lと、新型フィットでは最良値となるグレードですが、メーカーオプションの「Honda CONNECT for Gathers+ナビ装着用スペシャルパッケージ」が装着されていたため、WLTCモード燃費は「e:HEV ホーム」グレードと同じ28.8km/Lとなります。

 走行ルートは、高速道(首都高速⇒東名高速道路⇒小田原厚木道路 小田原西インター)、ワインディング路(ターンパイク箱根⇒箱根新道⇒西湘バイパス 西湘PA)、一般道(国道134号⇒国道129号⇒国道246号)の3セクションでテストしました。

 その結果は、194.7kmの走行で燃費は28.8km/LというWLTCモード燃費と全く同じ数値を記録しました(車両の燃費計を使用)。なお、今回の走行モードは「ECON」モードを使用しない通常モードで、エアコンは24度設定のフルオート、クルーズコントロールは未使用としています。

●高速道

走行距離:78.9km
実燃費:31.9km/L

 首都高速道路を経由して東名高速に入り、小田原厚木道路を通る今回のルート。平日ではありましたが、新型コロナウイルスの影響でクルマ移動の人が多く、かなりの交通量がありました。それが功を奏したのかこの区間では31.9km/Lをマークしています。

 じつは新型フィットのe:HEV・2WD車はWLTCモード燃費のなかで、速度域の高い高速道路モード燃費が一番悪く、今回の仕様で27.1km/Lでした。

 一方、そこまで速度域の高くない郊外モード燃費は31.7km/Lであり、今回の走行はどちらかというと郊外モードに近かったのかもしれません。

【画像】ホンダ新型「フィット」に設定された5つのスタイルとは?(35枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー