デザインが酷い! 走りが悪い!? 酷評された車5選

大ヒットするクルマがある反面、評価が低くて売れなかったクルマも数多く存在します。理由はデザインであったり、期待が応えられなかったなどさまざまです。そこで、かつて酷評されたクルマを5車種ピックアップして紹介します。

イマイチ評判が良くなかったクルマたち

 毎年、数多くのクルマが発売され、大ヒットするモデルがある影で売れないモデルが存在します。

出来は良かったけど評価が低かったクルマとは
出来は良かったけど評価が低かったクルマとは

 売れない理由は、外観のデザインがユーザーに受け入れられなかったり、見た目から期待するほどの性能でなかったりとさまざまです。

 そこで、かつて販売されたクルマのなかから評価が低かった残念なモデルを、5車種ピックアップして紹介します。

●フォード「スコーピオ」

よくぞこのデザインにOKが出たと思わせる2代目「スコーピオ」
よくぞこのデザインにOKが出たと思わせる2代目「スコーピオ」

 欧州市場でラグジュアリーカーを購入するユーザーに向け、欧州フォードから1985年に初代「スコーピオ」が発売されました。ボディタイプは当初、5ドアハッチバックのみでしたが後にセダンとステーションワゴンが加わります。

 欧州での初代スコーピオの評価は高く、1986年には「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

 そして、1994年にモデルチェンジされた2代目では、内外装のデザインを一新。また、脚まわりの改良により走行性能の向上が図られます。

 しかし、小ぶりなヘッドライトとグリルを配したフロントフェイスと、ボッテリとしたリアのデザインが酷評され、販売は極端に低迷しました。

 デザインにテコ入れがおこなわれましたが、販売台数が上昇することなく、スコーピオは1998年に生産を終了。後継車は無く、これがきっかけで欧州フォードは高級セダン市場から撤退してしまいます。

●日産「レパードJ.フェリー」

明らかにデザインのバランスが悪かった「レパードJ.フェリー」
明らかにデザインのバランスが悪かった「レパードJ.フェリー」

 1980年に登場した日産初代「レパード」は、斬新なスタイリングの4ドア/2ドアハードトップで、燃費計やフェンダーミラーワイパーなどの先進機能を搭載して話題となりました。

 1986年に発売された2代目では、当時大人気だったトヨタ「ソアラ」を意識した2ドアクーペに一新され、TVドラマシリーズ「あぶない刑事」の劇中車として使用されたこともあって、若者を中心に人気となります。

 そして、1992年に登場した3代目にあたる「レパードJ.フェリー」は、先代の2ドアクーペとは異なり、トヨタ「クラウン」や「セルシオ」をライバルとして捉えた、エレガントな高級サルーンに生まれ変わります。

 最高出力270馬力を発揮する4.1リッターV型8気筒エンジンを搭載するなど、北米市場を強く意識していました。

 しかし、国内では高額な価格設定と「尻下がり」が特徴的なリヤデザインが不評で、一気に不人気車となってしまいます。

 1996年に4代目が発売されると車名をレパードに戻し、「セドリック/グロリア」をベースとした比較的オーソドックスなデザインのセダンに改められました。

●ロータス「エラン」

走りは良かったのにFFなのが致命傷だった2代目「エラン」
走りは良かったのにFFなのが致命傷だった2代目「エラン」

 ロータスは天才技術者コーリン・チャップマンが創業した、イギリスを代表するスポーツカーメーカーです。

 F1マシンを製作するほどの高い技術力を持っていたロータスは、高性能な市販車を数多く生み出し、スポーツカーメーカーとしての地位を盤石なものにするため、欧州だけでなくアメリカ市場での拡販を狙いました。

 そのために開発されたのが、1962年に登場した初代「エラン」です。

 エランは鋼板製フレームにFRP製ボディを架装したオープン2シーター(後にクローズドボディを追加)のFRスポーツカーで、軽量な車体にパワフルな1.6リッター直列4気筒DOHCエンジンを搭載して、優れた走行性能を発揮。

 当初の目論見どおり、エランは欧州とアメリカでヒットし、その後も改良が重ねられ、1975年まで販売されました。

 そして、ロータスは1980年代になるとトヨタと資本関係を結び、1986年にはゼネラルモーターズ(以下、GM)の傘下に入ります。

 1990年にはオープン2シーターの2代目エランが登場。スタイリッシュなFRP製ボディには、ロータスと同じくGM傘下だったいすゞのエンジンとトランスミッションが搭載され、駆動方式はFFとなっていました。

 2代目エランは非常に優れたハンドリングを実現していたことで、新世代のFFスポーツと高く評価されます。

 しかし、伝統的に後輪駆動のクルマを製造してきたロータスがFFを採用したことと、高額な価格だったことがファンから酷評され、販売は極端に低迷。

 その後、2代目エランの製造権が韓国のキアに売られ、1996年にキア「エラン」(日本では「ビガート」)として販売されました

【画像】あまりにも酷すぎるデザイン! 残念なクルマたちを見る(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

19件のコメント

  1. Jフェリーはいい車なんだけどね、特にVG系よりVH41DEがよかった!
    税制面ではプラス100ccが不利ではあるけどプラス100ccを明確に実感的できるエンジンで心地好い振動感はVH45やセルシオの1UZより運転している感覚を提供してくれました。

    • 確かに悪くないと思うんだけどなぁ。Z33の方が余程酷い

  2. 4代目プリウスと現行シエンタも酷いデザイン。
    走っている風景を陳腐化する景観テロデザイン。
    特に黄色とか緑のシエンタ、プリウスを企画した人、購入した人は反省するとともに、右脳が逝かれてることを自覚して欲しい。

    • マッタクその通りです。
      ステイホームが叫ばれる中、県境を超え朝からパチンコ屋に並ぶ輩のコロナテロと同じで、右脳に問題があるのは間違いない。

    • 右脳が逝かれてる
      思わず手を打つ表現方法w

      空力、燃費至上主義の意匠設計は左脳だけで右脳機能不全の人が作ったとしか思えない。

      感性の崩壊と言っていいかも。

  3. 今の車は全部カッコ悪い。大きすぎる。無駄ばかり詰め込んで高額な「エコカー」。いらない。

    • 大賛同

    • 今の車は全部カッコ悪い?
      (大きすぎるには40%同意)
      フェラーリもランボルギーニもブガッティもマクラーレンもロータスも?全部?
      BMWもMBもアウディもルノーもフィアットもシトロエンもDSもプジョーも全部?
      S660もコペンもマツダロードスターも全部?
      ・・・・同意できません。

  4. デザインがひどい、走りがひどい(殺人)のプリウスに勝るものはない

  5. デザインに地域性と流行性と保守性は重要。
    クーペ+セダン=ハードトップ+ワゴン=ハッチバック+ミニバン=SUVと車種整理の結果今のブームになっているという感じ。

  6. 50プリウスが入ってないぞ

  7. クラウンについては、クジラよりも現行型の方が失敗のような気がする…
    クラウンに、ニュルで通用するような走りは求めないし。
    それに、あのハッチバックルックのデザインが好きになれない…というか嫌い。

    • 本当おっしゃる通りです!トヨタは現行クラウンのスタイルや性能を若者にもウケルだと言ってるみたいだが⁉アレは?80年代のビスタハッチバックの糞ダサいデザインそのままで古臭く!足周りもニュルで鍛え上げたとか?何時の時代の殺し文句ですか?って感じで!トヨタの経営陣や開発陣の頭ん中は昭和の田舎者馬鹿人間だなと思った…

  8. このエランのデザインは好きだな。あと、KIAには、例外的に好みなやつが有り、K3 cerato 5door(2104-15)で、オーストラリア内の右ハンドルを物色中です。

  9. 先に書かれてますがトヨタの変な近未来路線デザイン
    プリウスやCH-R がどうも街の風景や乗り手の雰囲気に合っていない気がします。
    あのデザインが気に入って乗っておられるのでしょうか?

  10. ムルティプラを忘れてないかい?

  11. クジラクラウンが販売低迷した本当の理由は、特に夏場ボンネット内で温度が上がり過ぎて頻繁にオーバーヒートするからだったと思うよ。

  12. 二代目エランは、初代を盲信するFR信者に受け入れられなかったんだよね。皮肉にも、時を同じくして出たマツダ・ロードスターは、初代エランのエッセンスを備えててバカ売れ…(^_^;)

  13. 四代目クラウンのフロントマスクが渡哲也に見えるのは私だけでしょうか