「GRヤリス」もビックリの怪物とは!? 超ド級のコンパクトカー5選

かわいい見た目の過激なモデルとは!?

●ルノー「クリオV6ルノースポール」

迫力あるスタイルを実現した「クリオV6ルノースポール」
迫力あるスタイルを実現した「クリオV6ルノースポール」

 1990年に発売されたルノー「クリオ」は5(サンク)の実質的な後継車としてデビューした、オーソドックスな3ドアと5ドアハッチバックのコンパクトカーです。なお、日本では商標の関係から「ルーテシア」の車名で現在も販売されています。

 そして、1998年に2代目クリオが発売されると、2001年にはクリオをベースにリアミッドシップに230馬力を発揮する3リッターV型6気筒自然吸気エンジンを横置きに搭載した「クリオV6ルノースポール」が登場します。

 クリオV6ルノースポールはキャビンの後半部分がエンジンルームとなっており、まさに5ターボと同じ構成です。

 外装はクリオのイメージを残しつつも、大きく張り出した前後のフェンダーによって迫力あるフォルムを実現。なお、クリオと共有するパーツはほとんどありませんでした。

 2003年にはクリオのマイナーチェンジとともにフロントフェイスを一新し、日本にも「ルーテシア ルノースポールV6」として正規輸入されました。当時の価格は588万円(消費税5%込)です。

●アバルト「695 ビポスト」

「500」を過激にチューニングした「695 ビポスト」
「500」を過激にチューニングした「695 ビポスト」

 1950年代から1960年代にフィアットのクルマを高度にチューニングし、レースで活躍することで名を馳せたアバルトは、市販車のチューニングも手がけました。

 後にフィアットグループの傘下となり、いまも同社のスポーツカーブランドとして市販車を販売しています。

 アバルトが手がけたクルマでもっとも有名なのが、大衆車のフィアット「NUOVA 500」をベースとしたモデルで、現行型の500でもアバルトモデルをラインナップ。

 なかでも2015年に販売されたアバルト「695ビポスト」は、過激なモデルとして話題となりました。

 500をベースに2シーター化し、搭載されたエンジンは1.4リッター直列4気筒ターボで、最高出力190馬力と2リッターエンジンに迫るパワーとなっています。

 695ビポストには標準仕様とフルスペック仕様の2種類の仕様が用意され、フルスペック仕様ではサーキット走行用に開発されたレース用トランスミッションである「ドグリングトランスミッション」採用。

 ほかにも、サイドウインドウをプラスチックの固定式に変更し、アルミ製ボンネットやチタン製ホイールボルトなどの採用と、エアコンレスとすることで軽量化をおこなっています。

 フルスペック仕様の日本での価格(消費税8%込)は845万6400円、標準仕様は599万4000円でした。

※ ※ ※

 1980年代に登場したグループBカーは常軌を逸したモンスターマシンばかりで、前述にあるようにラリーでは事故が多発しました。

 それを受けて、より市販車に近いグループA車両で戦うことになり、現在はWRカーがトップカテゴリーです。

 最新のWRカーでは、かつてのグループB車両に近い出力ながら、技術の進歩により安全性は飛躍的に向上しています。

現代に蘇ったホットハッチ! トヨタGR GR ヤリスの詳細情報を見る

【画像】コンパクトカーなのにミッドシップ!? 至高のモンスターマシンを見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ルノー5ターボ他3台(アバルト除く)と、GRヤリスを比較するのは、あまりにも無謀でしょう(笑)。格が違いすぎますね。