教習車もカッコ良さ重視!? 国産教習車4選

自動車教習所の教習で用いられる教習車には、現行モデルの国産車をベースとした車種も存在します。そこで、国産メーカーの教習車4車種をピックアップして紹介します。

人生で初めて乗るクルマたち! 4台の特徴とは?

 人生で最初に運転するクルマは、ほとんどの場合において自動車教習所の教習車です。近年は輸入車をベースとした教習車を用意していることを特徴とする教習所も増えているものの、主流の教習車は依然として国産車ベースのモデルとなります。

 そこで、今回は国産メーカーの教習車4車種をピックアップして紹介します。

マツダ「マツダ教習車」※写真はプロトタイプのため実際のモデルとは異なる箇所があります
マツダ「マツダ教習車」※写真はプロトタイプのため実際のモデルとは異なる箇所があります

●マツダ「マツダ教習車」

 マツダが2019年5月に発売した「マツダ教習車」は、タイで販売されている「マツダ2セダン」をベースにした教習車です。

 マツダは従来、アクセラ(現:マツダ3)を架装した教習車を販売してきましたが、新たに日本未導入モデルをベースに製作されることになりました。

 パワートレインは1.5リッター直列4気筒直噴ガソリンエンジンに、6速MTと6速ATのいずれかの組み合わせで、駆動方式はFFです。

 動き出しから高速走行まで、安定感のある走行性能を実現する「G-ベクタリングコントロール(GVC)」も採用し、意のままの運転をサポートします。

 また、運転姿勢については、マツダの「人間中心」の開発思想のもと、正しい姿勢で容易に操作ができるように、自然に足を伸ばしたところに配置したペダルレイアウトを実現。

 さらにオルガン式アクセルペダルの採用や、ステアリング上下・前後調整機構の標準装備により、さまざまな体型のドライバーにとって最適な運転姿勢を可能とします。

 価格(消費税込、以下同様)は6速MT車が191万700円、6速AT車が197万8900円で、ボディカラーはソウルレッドクリスタルメタリック(5万4000円)をはじめとした有償色も選択可能です。

●トヨタ「トヨタ教習車」

 トヨタが2018年5月に発売した「トヨタ教習車」は、「カローラアクシオ」がベースとなっています。

 内装面では、細いフロントピラーの形状によりワイドで良好な運転視界を実現しています。

 また、位置感覚の目安となるセンターマークをインストルメントパネルの中央に配置するとともに、体格に合わせたドライビングポジションの設定を可能にすることで、正しい運転姿勢での安全教習をアシストします。

 搭載されるパワートレインは1.5リッター直列4気筒ガソリンエンジンに、5速MTとCVTの2種類が組み合わされます。駆動方式はFFで、価格は5速MT車が191万700円、CVT車が197万8900円です。

【画像】トヨタやホンダも教習車を製造! カッコいいのはどれ? 4台を画像で比較(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. スバルインプレッサの教習車ですが、こだわりのAWD(4WD)仕様なのかが気になる所。