転売目的!? 本当にほしい人が買えない!? あっという間に完売した限定車3選

自動車メーカーは、たびたび特別な限定車を販売し、なかでも終売モデルの最後を飾る限定車や高性能モデルは、高い人気を誇ります。そこで、これまで販売された限定車のなかから、争奪戦が繰り広げられたモデルを3車種ピックアップして紹介します。

発売即日に完売した限定車もあり

 自動車メーカーは、いつでも買うことができるカタログモデルのほかに、台数限定や期間限定の限定車を販売することがあります。

台数限定の限定車は投機の対象になる運命!?
台数限定の限定車は投機の対象になる運命!?

 限定車はいくつかの種類に分けられますが、とくに注目を浴びるのが終売モデルの最後を飾る「ファイナルエディション」や特別な高性能モデルで、これらの多くは激しい争奪戦が繰り広げられます。

 そこで、これまで販売された限定車のなかから、あっという間に完売したモデルを3車種ピックアップして紹介します。

●日産「スカイラインGT-R M・spec Nur/V・spec II Nur」

「スカイラインGT-R」の最後を飾った限定モデル
「スカイラインGT-R」の最後を飾った限定モデル

 2002年8月に生産を終えた「R34型 スカイラインGT-R」は、それより少し前の同年1月24日に最後の限定車「スカイライン GT-R M・spec Nur/V・spec II Nur」を発表。

 2車種合わせて1000台限定で2月26日から発売予定でしたが、発表当日に完売したと1月29日に日産からアナウンスされました。

 販売内訳はM・spec Nurが250台で価格(消費税含まず)が630万円、V・spec II Nurが750台で610万円なので、1日で61億5000万円の売り上げを確定したことになります。

 M・spec Nur/V・spec II Nurに搭載されたエンジンは、ニュルブルクリンク24時間耐久レースや国内のスーパー耐久レースなどに使われている「RB26DETT型」N1仕様をベースとし、ピストンやコンロッドに重量バランスの均一化を図った高精度バランス品が組み込まれていました。

 さらに、限定車専用装備としてゴールド塗装のシリンダーヘッドカバーが採用され、特別なエンジンであることを主張。

 なお、M・spec Nurは本革シートの採用や乗り心地を重視した足まわりのセッティングなど、コンフォートな仕様で、V・spec II Nurはカーボンボンネットを採用するなどレーシーな仕様でした。

 ちなみに、現在中古車で販売されている同限定車は、程度によっては2000万円以上の価格で販売されています。

●三菱「ランサーエボリューション ファイナルエディション」

三菱が誇る名車「ランサーエボリューション」の最終モデル
三菱が誇る名車「ランサーエボリューション」の最終モデル

 世界ラリー選手権で勝つために開発された三菱「ランサーエボリューション」は、初代が1992年に発売されました。

 ラリーではライバルのスバル「インプレッサWRX STi」と激戦を繰り広げるも、第4世代である「ランサーエボリューションX」をもって、2015年に販売を終了。

 販売終了を宣言した同年4月に、最終モデルとして「ランサーエボリューション ファイナルエディション」が発表されました。

 限定台数は1000台で、エンジンの改良により歴代ランサーエボリューションで最高の動力性能となる最高出力313馬力、最大トルク43.7kgmを発揮し、組み合わされるトランスミッションは5速MTのみ。

 ほかにも専用にチューニングされたサスペンション、ブレーキ、タイヤが採用されていました。

 2015年4月10日から先行予約が開始され、8月20日に三菱から完売がアナウンスされましたが、実際にはそれ以前に完売していたといいます。

 なお、当時の価格は429万8400円(消費税8%込)ですが、現在は中古車が新車価格を上回る500万円ほどで販売されています。

【画像】ほかにもあった! 争奪戦が繰り広げられた限定車を見る(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事