ハイパワーでも過激すぎない!? 今や希少な高性能コンパクトカー3選

国内市場で久しぶりに登場した高性能コンパクトカーのトヨタ「GRヤリス」が、大いに話題となっています。一方、かつては高性能コンパクトカーがたくさんありました。そこで、これまでに登場した高性能コンパクトカーのなかから3車種をピックアップして紹介します。

かつて隆盛を誇った高性能コンパクトカーとは!?

 2020年1月に発表されたトヨタ「GRヤリス」は、国内メーカーでは久しぶりに登場した高性能コンパクトカーとして、大いに話題となっています。

ちょっと前はハイパワーコンパクトが数多くあった
ちょっと前はハイパワーコンパクトが数多くあった

 かつては各メーカーから高性能コンパクトカーが販売されていた時期があり、選択肢も豊富でした。

 そこで、かつて存在した高性能コンパクトカーを3車種ピックアップして紹介します。

●三菱「コルト ラリーアート バージョンR」

三菱で最後のホットハッチだった「コルト ラリーアート バージョンR」
三菱で最後のホットハッチだった「コルト ラリーアート バージョンR」

 かつて販売していた三菱のコンパクトカー「コルト」には、高性能版の「コルト ラリーアート バージョンR」がラインナップされていました。

 コルトは2002年に発売された世界戦略車で、1.3リッターから1.5リッターエンジンを搭載する5ドアハッチバックです。

 このコルトをベースに、三菱のモータースポーツ活動を担っていた「ラリーアート」の冠したスポーツモデルのコルト ラリーアート バージョンRを、2006年に追加ラインナップしました。

 外観は専用デザインの前後バンパーやワイドトレッド化に対応するオーバーフェンダー、リアスポイラーが装着されスポーティに演出

 搭載されたエンジンは1.5リッター直列4気筒ターボで、154馬力を発揮。組み合わされるトランスミッションは5速MTとCVTが設定されていました。

 シャシはスポット溶接の増し打ちと補強により、車重の増加を最小限に抑えつつ、ねじり剛性をスタンダードモデルに対して約30%向上させています。

 また、足まわりも欧州仕様をベースに日本専用のチューニングを施し、強化スプリングやショックアブソーバーの減衰力を最適化することで、旋回性能と直進安定性を高い次元で両立。

 ブレーキはフロント15インチベンチレーテッドディスクブレーキ、リア14インチディスクブレーキの4輪ディスクとすることで、エンジンのパワーアップと足まわりの強化に対応しています。

 コルト ラリーアート バージョンRはフルモデルチェンジすることなく2012年に生産を終了。現在は中古車が比較的安価で売買されていますので、ハイパワーなFFコンパクトカーながら手が届きやすいモデルとなっています。

 なお、全年式とも4名乗車なので、その点は注意が必要です。

●マツダ「マツダスピード アクセラ」

2.3リッターターボの大出力エンジンを搭載した「マツダスピード アクセラ」
2.3リッターターボの大出力エンジンを搭載した「マツダスピード アクセラ」

 マツダのコンパクトカー「アクセラ」は、1980年代から1990年代にかけてヒットした「ファミリア」の後継車として、2003年に発売されました。

 ボディバリエーションは、5ドアハッチバックの「アクセラスポーツ」と4ドアセダンの「アクセラセダン」があります。

 この、初代アクセラにはアクセラスポーツをベースにした高性能版の「マツダスピード アクセラ」がラインナップされていました。

 エンジンは2.3リッターの直列4気筒ターボで、燃料噴射は直噴を採用。最高出力は264馬力を発揮し、トランスミッションは6速MTのみと硬派な仕様となっていました。

 外観は専用デザインの前後バンパーとリアスポイラーが装着され、さらにフロントフェンダーをベースモデルから20mmワイド化し、18インチタイヤに対応。

 内装も専用シートや、赤のステッチをあしらった本革巻ステアリングとシフトブーツ、ブラックのインパネサイドガーニッシュなど、スポーティに演出しています。

 また、フロントのマクファーソンストラット式、リアのマルチリンク式サスペンションも、シャシとともに強化され、高い旋回性能を誇りました。

 マツダスピードアクセラは264馬力を前輪のみで路面に伝えるFFだったので、かなりのじゃじゃ馬ぶりだったことが想像できます。

 2009年には2代目マツダスピード アクセラが発売されましたが、高性能モデルはこの代をもって消滅してしまいました。

【画像】やり過ぎてないのが渋い! 高性能コンパクトカーを見る(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事