どう見てもクーペでしょ!? 超絶カッコイイ最新セダン5選

日本のセダンも美しさでは負けていない!?

●トヨタ「アバロン」

アメリカナイズされたグラマラスなボディの「アバロン」
アメリカナイズされたグラマラスなボディの「アバロン」

 トヨタ「アバロン」は1994年に、北米向けトヨタブランドの最高級セダンという位置づけで発売されました。かつて日本でも販売されていましたが現在は導入されていません。

 現行モデルのアバロンは2018年に登場。搭載されるパワーユニットは3.5リッターV型6気筒と、2.5リッター直列4気筒+ハイブリッドの2種類が用意されています。

 大きく口をあけたようなフロントグリルからはダイナミックな印象を受け、そして横長デザインのLEDヘッドライトや立体的なテールランプによって、よりワイドに見えるフォルムが特徴です。

 前後バンパーやボディはエッジによってメリハリが強調され、大きな車体ながらもシャープさや軽快さが感じられます。

トヨタ・アバロン の中古車をさがす

●ホンダ「アコード」

日本発売が待ち遠しい美しいセダンの新型「アコード」
日本発売が待ち遠しい美しいセダンの新型「アコード」

 ホンダ初代「アコード」は1976年に「シビック」の上位車種として発売されました。2代目からはアメリカで生産と販売を開始して高い人気を獲得し、以降は北米でホンダを代表する車種として定着します。

 そして、2019年10月の「第46回東京モーターショー2019」のホンダブースで、グローバルセダンである新型アコードの国内市販予定モデルが公開されました。

 発表された新型アコードは10代目で、2017年10月のアメリカでの発売を皮切りに、カナダ、南米、中国、アジア大洋州の各国、各地域で販売されており、2018年には北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。そのほかの国や地域でも30以上の賞を受賞しています。

 外観は従来型から大きく変わり「6ライトウインドウ」となったことが特徴で、ロー&ワイドなプロポーションの流麗なシルエットとなり、力強いフロントフェイスと美しいルーフラインの対比が斬新です。

 日本仕様のパワーユニットには、2リッター直列4気筒エンジンに、ふたつのモーターを組み合わせたホンダ独自のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を採用。リニアで軽快かつ上質な走りを楽しめるハイブリッドモデルに仕上がっているといいます。

 なお、グレード展開や価格など詳細な情報は2020年2月の発表です。

ホンダ・アコード の中古車をさがす

※ ※ ※

 かつてセダンは「3ボックス」と呼ばれていました。これは、ボンネット部、キャビン、トランク部の「3つの箱」を組み合わせているということを意味しています。

 今回紹介した5台は、もはや箱と呼べる要素はまったくありません。しかし、スタイルが優れている反面、なかには後席の空間に余裕がないというモデルもあるようです。

【画像】超絶カッコイイ!今どきのセダンを見る(19枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

9件のコメント

  1. 日本車に、よりによってゴミのようなデザインのアバロンとアコードをラインナップしたのは、悪意を感じずにはいられない。
    マツダなど、他に遥かにかっこいいセダンがあるにもかかわらず、この2台じゃ公開処刑もいいとこだ。

    • おっしゃる通り、アバロン・アコードって (。-_-。)

      今は "鼓動デザイン" としてMAZDAのデザインの良さが評価されていますが、かつてのユーノス・チャンネルの時代のロードスター(NA型)・RX-7(FC-3s)・コスモ・センティア(MS-9) も「溶けたチョコ」みたいな流麗なデザインが美しかった

      今のエッジの利いた押しの強いデザインもまた美しい

      販売には結びつかないけど、何気にMAZDAは良いデザインを送り込んでくる

    • 遥かにかっこいいセダンとは何でしょう?
      別にトヨタやホンダが好きではないが、工業製品を造る時には仕向け地や色々な背景を取り込み造っています。ただそれが貴方に合わなかったただけ。今回のアコードだって元々はアメリカ用でしょ?多分造ってる人たちも一生懸命造ってるんでしょう。それをゴミ扱いする人の名前が常識人とは。
      そんなギスギスした言い方しなくても俺はアバロンよりあのクルマが好きだな!でいいんじゃないかな?
      何かに苛立つような人生でなく気楽に生きようよ。
      クルマを買ったり乗ったりするのはワクワクする事。クルマ好きだからこの記事も読んだんじゃないかな?たまたまかもしれないけどね。

  2. BMWが「クーペ」と言っているのにセダンにカテゴライズするとか、アバロン・アコードを取り上げるとか…

    セダン・クーペ・ハッチバック・ノッチバック・ファストバック等々の違いも明記して欲しい

    「この人とは合わないな」と感じたのでした

    • BMWが言ってるのはクーペスタイルって事。
      クルマのカテゴリーはセダンであってます。

    • BMWがクーペと言っているからクーペですよ。
      良くある派生のクーペではなくクーペの派生として4ドアクーペなんですよ

  3. MAZDA信者余裕無さすぎでしょ

  4. 今までマツダはカスってたから少しよくなった今しかマツダ信者はドヤ顔できんから
    許してあげて。

    どうせまた あと数年でエンジン車しか殆ど無いマツダはマツダ地獄の再来かもしれんから

  5. アバロン、アコードは全然クーペに見えない。ダサすぎる。
    むしろアバロンてまだあったんだと思わせてくれる良い記事だった。
    日産もレパードJフェリー作ってんじゃない?
    どちらもとんでもない全長とホイールベースなのにFFって、日本じゃ絶対売れない車だね。
    まあアメリカで売れているならお好きにどうぞ。