どう見てもクーペでしょ!? 超絶カッコイイ最新セダン5選

近年、日本市場ではセダンが減少傾向にありますが、一方で、現在販売中のセダンはスタイリッシュなモデルが多いです。そこで、まるでクーペのような美しいセダンを、最新モデルのなかから5車種ピックアップして紹介します。

プレミアムセダンはクーペのように美しい!?

 日本ではセダンのラインナップが減少し、すでにセダンの生産から撤退してしまったメーカーもあります。

イマドキのセダンは美しくなければならない!?
イマドキのセダンは美しくなければならない!?

 一方、海外ではまだまだセダン人気が健在で、数多くのモデルが販売されおり、高額なものほどスタイリッシュなデザインのモデルが増えています。

 そこで、まるでクーペのような美しいセダンを、最新モデルのなかから5車種ピックアップして紹介します。

●BMW「M8グランクーペ」

野蛮なまでの性能と美しさを併せ持つ「M8グランクーペ」
野蛮なまでの性能と美しさを併せ持つ「M8グランクーペ」

 2020年1月28日に発表、発売されたBMW「8シリーズグランクーペ」のMモデル「M8グランクーペ」は、美しさだけでなく、過激な性能を持つセダンです。

 ボディサイズは全長5105mm×全幅1945mm×全高1420mmと低く伸びやかで、BMW独自のボディ造形技術とカーボンコア技術によって実現した美しいフォルムをまとっています。

 搭載される4.4リッターV型8気筒ツインターボエンジンは、BMW M社が培ってきた最先端の技術を採用し、最高出力600馬力を発揮。

 さらに、よりアグレッシブなスポーツ走行を想定したモデル「M8グランクーペ コンペティション」は、最高出力がプラス25馬力の625馬力を誇ります。

 走行性能は最高速度250km/h(リミッター作動)、0-100km/h加速は3.2秒と、完全にスーパーカーの領域に達しており、まさにスーパーセダンです。

●ジャガー「XJ」

伝統を断ち切り美しい姿をまとった「XJ」
伝統を断ち切り美しい姿をまとった「XJ」

 イギリスの老舗メーカー、ジャガーのフラッグシップセダン「XJ」は50年以上の長い歴史があるセダンで、現行モデルは2010年に発売されました。

 先代までは初代からのイメージを踏襲するデザインでしたが、現行のXJからはデザインを大きく変更し、それまでのクラシカルな趣を排除して、現代的な美しいクーペスタイルとなりました。

 ラインナップは大きく分けてスタンダードホイールベースの「SWB」シリーズと、ロングホイールベースの「LWB」に分かれ、「SWB」のスタンダードエンジンは340馬力の3リッターV型6気筒スーパーチャージャー、「LWB」では510馬力の5リッターV型8気筒スーパーチャージャー、そして最高峰の高性能グレード「XJ SWB XJR575」は文字取り575馬力を発揮。

 また、XJの特徴として、強さと軽さを両立するリベット打ちされた100%アルミニウムモノコックシャシと、ボディ構造を採用し、同セグメントでトップクラスの軽量化を実現しています。

●アストンマーティン「ラピード」

まさに有終の美を飾った「ラピードAMR」
まさに有終の美を飾った「ラピードAMR」

 100年以上前に設立された「アストンマーティン」は、イギリスの老舗スポーツカーメーカーとして知られており、現行ラインナップのなかで唯一のセダンが「ラピード」です。

 ラピードは2010年に発売された5ドアハッチバックのクーペセダンですが、生産は2020年をもって終了し、EV化される予定となっています。

 そこで、アストンマーティンはラピードの最後を飾る「ラピードAMR」を発表。世界限定210台で、価格は日本円換算で約2830万円に設定されました。

 車名のAMRは「アストンマーティン・レーシング」という高性能ブランドで、その名に恥じない603馬力を誇る6リッターV型12気筒エンジンを搭載。

 カーボン製のエアロパーツやボンネットの採用と、カーボンセラミックブレーキが装着され、専用サスペンションにより走行性能が飛躍的に向上しています。

 外観では最上級の美しさと評されたボディのセンターに、クラシカルなイメージのストライプが入れられ、美しさに加えて英国車伝統のレーシングカーを連想させる力強さが表現されています。

【画像】超絶カッコイイ!今どきのセダンを見る(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 日本車に、よりによってゴミのようなデザインのアバロンとアコードをラインナップしたのは、悪意を感じずにはいられない。
    マツダなど、他に遥かにかっこいいセダンがあるにもかかわらず、この2台じゃ公開処刑もいいとこだ。

    • おっしゃる通り、アバロン・アコードって (。-_-。)

      今は "鼓動デザイン" としてMAZDAのデザインの良さが評価されていますが、かつてのユーノス・チャンネルの時代のロードスター(NA型)・RX-7(FC-3s)・コスモ・センティア(MS-9) も「溶けたチョコ」みたいな流麗なデザインが美しかった

      今のエッジの利いた押しの強いデザインもまた美しい

      販売には結びつかないけど、何気にMAZDAは良いデザインを送り込んでくる

  2. BMWが「クーペ」と言っているのにセダンにカテゴライズするとか、アバロン・アコードを取り上げるとか…

    セダン・クーペ・ハッチバック・ノッチバック・ファストバック等々の違いも明記して欲しい

    「この人とは合わないな」と感じたのでした