超絶お洒落! ニッポンとイタリアをつなぐ「フィアット500」の限定モデル登場

いまだに販売台数を伸ばしている「フィアット500」に、お洒落なワンポイントを加えた限定モデルが登場しました。バリュー感ある限定モデルに込められた意味とはなんでしょうか。

イタリア国旗のトリコロールで水引をデザインしました

 FCAジャパン株式会社は、フィアット「500(チンクエチェント)」に、イタリアと日本のクロスカルチャーを追求するフィアットの思いを、日本伝統の「水引」と重ね合わせ、それをモチーフに取り入れた限定車「500 Super Pop Giappone(スーパーポップ・ジャポーネ)」を設定し、2020年2月15日より、200台限定で販売をスタートします。

「500スーパーポップ・ジャポーネ」のボディカラーは、イタリアのトリコロールカラーの3種類
「500スーパーポップ・ジャポーネ」のボディカラーは、イタリアのトリコロールカラーの3種類

「500スーパーポップ・ジャポーネ」は、“日本とイタリアの融合”、および“フィアットとお客様を結ぶ”という思いが込められた限定車です。

 専用装備となるステッカーは、日本で古くからお祝いの場面や、装飾として親しまれている「水引」をモチーフとし、モデル名の「Giappone(ジャポーネ)」は、イタリア語で日本を意味します。

 限定車では、フロントフェンダーと、インストルメントパネルに、白・赤・緑からなるトリコローレカラーの水引をデザインしたステッカーが貼付され、デザインのワンポイントとなっています。

 ボディカラーならびに販売台数は、ボサノバ・ホワイト(限定120台)、パソドブレ・レッド(限定40台)、ミント・グリーン(限定40台)の3色が設定され、このうちパソドブレ・レッドとミント・グリーンは、通常はオプションカラーとして5万5000円(消費税込)かかりますが、限定車ではオプションカラーの費用はかかりません。

 限定車のベースとなった「500 1.2 Pop」は、アイドリング中にエンジンを停止するSTART&STOP機構付の1.2リッターエンジンを搭載し、19.4km/L(JC08モード)という低燃費を実現しています。
 
 また、7インチタッチパネルモニターを搭載したApple CarPlay/Android Auto対応のオーディオプレイヤーやキーレスエントリーが標準で備わり、快適にドライブが楽しめます。
 
 500スーパーポップ・ジャポーネの車両価格は、ベースの500 1.2 Popに比べて11万円お得な、189万円(消費税込)です。

【画像】シャレオツ注目のフィアット500はこれだ!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント