カクカクな形が流行り!? スズキ新型「ハスラー」が目指した本格スタイルとは

スズキの軽クロスオーバーSUV「ハスラー」がフルモデルチェンジしました。新型ハスラーは、内外装のデザインやパワートレインが進化しているといいますが、どのようなモデルに生まれ変わったのでしょうか。

市場調査でわかった、最新SUV事情とは?

 スズキの軽クロスオーバーSUV「ハスラー」がフルモデルチェンジし、2020年1月20日より発売されました。

 先代モデルと似たようなスタイルで登場したこともあり、あまり変化がなさそうに見えるのですが、実際はかなり進化しています。新型ハスラーは、どのような点が新しくなっているのでしょうか。

よく見ると変わってる? スズキ新型「ハスラー」
よく見ると変わってる? スズキ新型「ハスラー」

 先代モデルのヒットを受け、新型ハスラーのスタイルはキープコンセプトではあるものの、先代モデルよりも角張ったボディと、ハスラーのアイコンともいえる丸目のヘッドライトを組み合わせ、カッコよさと可愛らしさが融合したデザインになりました。

 スズキの軽クロスカントリーの「ジムニー」にも似たデザインにも思えるのですが、スズキによると、「ジムニーは意識していない」といいます。

 新型ハスラーの商品開発を担当する、スズキ株式会社 四輪商品・原価企画部の高橋修司氏は次のようにいいます。

「新型ハスラーのデザインを開発するにあたり、都市部やキャンプミーティング、音楽フェスなどで市場調査をおこなったところ、最近のSUVのトレンドはメルセデス・ベンツ『Gクラス』やジープ『ラングラー』のような角張ったデザインであることがわかりました。

 そのため、新型ハスラーにも四角いフォルムを採用し、丸目ヘッドライトなどの愛くるしいアイコンは残しながら、SUVのトレンドに合わせて進化させています。

 ジムニーとは使用される用途が違うということもあり、まったく意識していません」

 また最近では、アウトドアのアイテムやウェアを日常的に身に着けるスタイルが増えており、ライフスタイルのひとつとして定着しています。

 先代よりもタフで力強いデザインに進化した新型ハスラーは、内装にもアウトドアをイメージするアイテムが取り入れられました。

 内装で目を引くのは、メーター、ディスプレイ、グローブボックスをベゼル(枠)で縁取った、遊び心があるデザインのインパネです。シートにもボディカラーに合わせたアクセントが施されるなど、ワクワク感を表現しています。

 日常とアウトドアでの使い勝手を考慮し、機能性を追求した収納スペースが各所に設けられているのも特徴です。

 グローブボックスを開けたときにフタがテーブルのように使えるギミックも、先代モデル同様に採用されています。なお、グローブボックスが閉じているときに、カラーコード(紐)を用いて挟む収納も可能にしました。

 また、先代モデルのフロントシートはベンチシートでしたが、新型ハスラーではセパレート型に変更。運転席と助手席の間には、カップホルダーやバッグなどが置けるコンソール収納が設けられています。

【詳細画像】車中泊しやすくなった! スズキ新型「ハスラー」の内外装をチェック(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント