トヨタ「プリウス」2年ぶりに王者奪還!? 日産「ノート」は2年連続の首位目指す

2020年1月9日に、日本自動車販売協会連合会は2019年12月と年間の登録車販売台数を発表しました。これにより、2019年でもっとも売れたクルマが決まります。2018年に首位に輝いた日産「ノート」が2年連続となるのか、それとも長年王者の座を維持していたトヨタ「プリウス」が首位奪還をするのか、結果はどうなったのでしょうか。

2019年の年間王者は、「プリウス」、「ノート」?

 毎年、年始めに前年の年間販売台数が発表されています。2018年の登録車年間販売台数は「ノート」が日産車として統計史上初の首位に輝きましたが、それを奪還すべく長年王者の座を維持していたトヨタ「プリウス」もマイナーチェンジなどにより猛攻をかけています。

 しかし、2019年中頃から後半にかけては同じトヨタの「シエンタ」や「カローラ」が登録車月間販売台数にて首位になったなかで、2019年12月、そして年間の販売台数が発表されました。いったい、どのような結果になったのでしょうか。

日産「ノート」から年間の首位奪還を狙うトヨタ「プリウス」
日産「ノート」から年間の首位奪還を狙うトヨタ「プリウス」

 一般的な工業製品は、新型製品が発売された直後に大幅に販売数が伸び、その後緩やかに下降傾向をとなります。

 そんななか、クルマは新型車として登場した後でも定期的に改良をおこなう頻度が多いことから、新型車として登場してから数年経っても販売台数の上位に位置することがあります。

 クルマの販売台数を定期的に公表している日本自動車販売協会連合会(以下、自販連)によると、2018年(1月から12月)の登録車販売台数は、1位日産「ノート(13万6324台)」、2位トヨタ「アクア(12万6561台)」、3位トヨタ「プリウス(11万5462台)」、日産「セレナ(9万9865台)」、5位トヨタ「シエンタ(9万4048台)」という結果でした。

 この際、13万6324台を販売して登録車販売台数の首位になったノートは、日産が国内の年間登録車販売台数ランキングで首位を獲得するのは統計史上初となります。

 上位5台は、「コンパクトカー」「ミニバン」「エコカー」といった人気ジャンルがランクインし、同じく人気といわれる「SUV」におけるトップは、全体で12位のトヨタ「C-HR(7万6756)」です。

 では、2019年の年間登録車販売台数はどうなるのでしょうか。自販連は、毎月、半年、年間、年度と4通りの発表をしています。2019年10月時点では、2019年上半期(1月から6月)と7月、8月、9月が発表されていることから、その合計数を基に見ていきます。

 2019年上半期の上位5台は、1位プリウス(7万277台)、2位ノート(6万8543)、3位アクア(6万349台)、4位セレナ(5万3662台)、5位シエンタ(5万926台)となり、2018年の年間と比べるとプリウスとノートが逆転しています。

 2018年12月にプリウスは大幅な改良をおこない、以前から不評だったデザインや安全装備の拡充などを図り、順調な販売台数を稼いだ結果、2019年4月に約16か月ぶりに首位に返り咲きました。

 その後は、前述のとおり同年8月、9月にシエンタが首位に、10月、11月にはフルモデルチェンジを遂げた「カローラ」が首位になっています。

 そして、12月の販売台数は、1位カローラ(9186台)、2位ライズ(9117台)、3位プリウス(7566台)、4位シエンタ(7279台)、5位フリード(6520台)という結果です。

 そのため、2019年の年間販売台数では、1位プリウス(12万5587台)、2位ノート(11万8472台)、3位シエンタ(11万880台)、4位カローラ(10万4406台)、5位アクア(10万3803台)となり、プリウスが2年ぶりに首位を奪還する結果となりました。

 今回の結果について、トヨタの販売店スタッフは次のように話します。

「2019年は、4月に約3年ぶりの復活を遂げたRAV4や、9月にフルモデルチェンジしたカローラ/カローラツーリング、11月には新しいコンパクトSUV『ライズ』と、続々と新型車が登場しました。

 しかし、プリウスは長くハイブリッド車というジャンルをけん引してきた歴史や実績が広く認知されていることもあり、幅広い層のお客さまにご好評を頂いております。

 直近では、2018年12月におこなったマイナーチェンジにて、デザインや安全装備を刷新したことが好調な販売に繋がっています。

 ただ、新しく登場したカローラ(セダンモデル)が似たようなパッケージのプリウスよりも好調なことと、2020年2月10日には新型『ヤリス』の発売が予定されていることもあり、今後の販売状況はどうなるかわかりません」

※ ※ ※

 2019年の年間王者を奪還したプリウス。他社や同じトヨタから続々と登場するライバルと、どうのように競っていくのか2020年も注目です。

2019年王者はどっち? プリウス&ノートに影響を新型「カローラ」などの詳細を見る!(53枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント