新型「ヤリス」と「スイフト」どっちが好み? スポーティコンパクト同士で徹底比較!

トヨタが2020年2月10日に発売する新型「ヤリス」は、ボディサイズやスポーティさなどといった点でスズキ「スイフト」と競合する存在です。2台にはどのような違いがあるのでしょうか。

新型「ヤリス」と「スイフト」、ボディがより軽いのはどっち?

 トヨタは2019年12月20日に、同社のコンパクトカー「ヴィッツ」の後継車である新型「ヤリス」の価格や詳細スペックを公表。発売日を2020年2月10日と発表しました。

スポーティコンパクト対決! どっちが好み?
スポーティコンパクト対決! どっちが好み?

 新世代ハイブリッドシステムの採用によって、クラストップレベルとなる36.0km/L(WLTCモード)を実現した点が注目されますが、初採用の「コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)」による気持ちの良い走りも特徴だといいます。

 一方、新型ヤリスと競合するコンパクトカーのひとつとして、スズキ「スイフト」があります。ボディサイズが近い点や、軽量プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用、さらにスポーティな走りを実現している点など、類似した点も少なくありません。

 スポーティコンパクトの2台にはどのような違いがあるのか、比較します。

 新型ヤリスのボディサイズは全長3940mm×全幅1695mm×全高1500から1515mmで、現行型3代目ヴィッツとはほぼ同じボディサイズとなり、ホイールベースは2550mmです。

 最小回転半径は4.8mから5.1m。車重は、最軽量モデルで1トンを切る940kgから1090kgという値となっています。

 一方、スイフトのボディサイズは全長3840mm×全幅1695mm×全高1500から1525mmと、全長は新型ヤリスより100mm短く設定され、ホイールベースも同様に100mm短い2450mmです。

 最小回転半径は全車4.8m。車重は860kgから970kgと、新型ヤリス以上に軽量です。

 2台の外装デザインを比べると、新型ヤリスはボディ前面の大開口フロントグリルが特徴的です。リアフェンダーの張り出しも大きく、踏ん張り感の強いデザインとなっています。

 ボディカラーには「ブラック×コーラルクリスタルシャイン」の組み合わせをはじめとした2トーンカラーが6パターン設定されていて、モノトーンのボディカラーとあわせてオーナーの個性を演出することができます。

 スイフトの外装は、重心の低さを感じさせるデザインで、かつリアドアハンドルがCピラーガーニッシュに配置され、クーペのような視覚効果を感じさせていることが特徴です。

 ボディカラーは、「バーニングレッドパールメタリック」や「スピーディーブルーメタリック」などのモノトーンカラーのほかに、グレード(特別仕様車含む)によって、「クラレットレッドメタリック・ブラック2トーンルーフ」といった2トーン仕様も設定されています。

 内装は、新型ヤリス・スイフトともにスポーティかつシンプルなテイストでまとめられています。

 一例として両車のステアリングを見ると、新型ヤリスは従来のものから小径化を実施。スイフトは操作性、乗降性に配慮されたD型ステアリングホイールが採用されています。

【画像】新型「ヤリス」は他のコンパクトカーを圧倒!? 「スイフト」と比較!(24枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント