【新型ヤリスの燃費がスゴい!】新基準の最新燃費ランキング

燃費性能はクルマを購入する際に検討される重要な項目です。最近では、従来使われていた「JC08モード」から新たに国際基準となる「WLTCモード」が採用されました。そんなWLTCモードで燃費が良いクルマを紹介します。

新型ヤリスが燃費トップに?

 クルマを購入する際に気になるのが燃費です。新車購入時には、カタログやホームページで燃費を確認できますが、2017年の夏以降から以前まで使用されていた「JC08モード」から順次「WLTCモード」に切り替わっています。

 国土交通省は、定期的に新車として販売されるクルマのWLTCモード(一部JC08モード)を公表しており、最新版が2019年12月2日に発表されましたが、同12月20日に公表されたトヨタ新型「ヤリス」のWLTCモード燃費が既存車を上回る燃費となったのです。いったい、どれほど燃費が良いのでしょうか。

WLTCモードで36.0km/Lを記録した新型「ヤリス」
WLTCモードで36.0km/Lを記録した新型「ヤリス」

●トヨタ「ヤリス」
 
 これまで国内市場では、「ヴィッツ」という車名で販売されていましたが、今回のフルモデルチェンジによって、海外で使用されている「ヤリス」に変更されています。

 新型ヤリスは、2019年10月16日に世界初公開されましたが、同年12月20日に燃費や価格などの詳細情報が公表され、燃費の良さを示すWLTCモードが「HYBRID X」グレードで36.0km/Lを記録しました。

 これにより、それまでもっとも燃費が良かった「カローラスポーツ(ハイブリッド仕様)」の30.0km/Lを超えた形となっています。

 新型ヤリスは、新開発の1.5リッター直列3気筒ガソリンエンジンに新世代ハイブリッドシステムを組み合わせ、力強く滑らかな走りを実現。

 また、ガソリン車は1.5リッターガソリンと1リッターガソリンの2種類となり、1.5リッターには6速MTも設定されるなど、高い走行性能と環境性能を両立したコンパクトカーのクラスを超えたモデルです。

 価格(消費税込、以下同様)は、139万9500円から249万3000円です。

●トヨタ「カローラスポーツ」

 国土交通省が公表した資料では、もっともWLTCモードの数値が良かったのが「カローラスポーツ」です。

 ハッチバックのカローラスポーツは、2018年6月に発売された新型モデルです(カローラシリーズでは通算12代目)。パワートレインは、1.2リッターガソリン車(2WD/4WD)と1.8リッターハイブリッド車(2WD)が設定されています。

 そのなかでも、1.8リッターガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド仕様の「HYBRID G」、「X」グレードが30.0km/Lを記録しています。

 カローラスポーツの価格(消費税込、以下同様)は、216万9200円から282万4800円です。

 また、2019年9月17日には、セダンの「カローラ」とワゴンの「カローラツーリング」が新たに発売されたのと同時に、カローラスポーツが一部改良され、ボディカラーの追加やサスペンションの最適化などをおこない、走行性能が向上しました。

【画像】国交省が発表した「ホントに燃費が良いクルマ」 (45枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント