100万円台で乗れる! 軽じゃない国産MT車3選

日常でもスポーティでも楽しめる国産コンパクトカーで、100万円台で購入できるモデルを3台紹介します。

もはや絶滅危惧? 100万円台で購入できる国産MT車とは

 クルマの変速機には、シフトレバーとクラッチペダルを合わせて操作するMT(マニュアルトランスミッション)と、AT(オートマチックトランスミッション)があります。1980年代の中盤までは、軽自動車や輸入車を除くそれぞれの販売比率は各50%程度でしたが、その後はAT比率が高まりました。

 いまでは乗用車の販売総数のうち、約98%くらいがAT車です。しかし、国産メーカーのなかでマツダやスズキは、以前からラインナップモデルの多くにMT車を設定していたほか、最近ではトヨタでもMT車をラインナップするなど、徐々にMT車の割合が盛り返しつつあります。

 従来から軽自動車にMT車が設定されていることが多かったのですが、今回は軽自動車を除いた100万円台で購入できる国産MT車を3台紹介します。

●スズキ「スイフトスポーツ」187万円

コンパクトハッチ好きにはタマラナイ! スズキ「スイフトスポーツ」
コンパクトハッチ好きにはタマラナイ! スズキ「スイフトスポーツ」

 スズキの「スイフトスポーツ」は3ナンバー化した専用のボディと足回り、ブレーキにエンジンと、「スイフト」をベースに別物に仕立てられているコンパクトスポーツです。

 先代までは1.6リッターの自然吸気エンジンでしたが、現行モデルでは1.4リッターの直噴ターボエンジンに置き換えられて、これに6速MTが組み合わされます。

 注目ポイントはボディの軽さです。車重は970kgしかなく、馬力あたりの重量は6.9kg(970÷140)と、立派なスポーツカー並となっており、そこに最高出力140馬力が合わさってパワフルな走りを体感できます。

 これほど軽いと「走る・曲がる・止まる」というクルマの運動性能すべてに好影響があります。また軽いことは低燃費にも大きく貢献します。

 スポーツドライビングをこなしながら、コンパクトカーとしての実用性も兼ね備え、しかも6速MTが用意されていて、MTファンには理想的な1台かもしれません。

 また、スズキでは2018年に20年ぶりにフルモデルチェンジを遂げた「ジムニーシエラ(4WD/5速MT)」のJL/JCグレードもともに100万円台から購入可能です。

●マツダ「マツダ 15S」157万3000円

 マツダの登録車ラインナップでは「CX-8」を除いたモデルすべてにMT車が用意されています。そのなかで100万円台で購入できるのが「マツダ2」の15S/15S PROACTIVE/15S PROACTIVE S Packageという3つのグレードです。

 マツダ2は、2019年7月18日のマイナーチェンジを機に日本名の「デミオ」から海外で使用されているマツダ2という車名に変更されました。

 パワートレインは、1.5リッターガソリンエンジン(最高出力110馬力)と1.5リッターディーゼルエンジン(最高出力105馬力)の2種類です。ともに、2WD/4WDの設定があり、MT車は2WDとなります。

 また、マツダ2には以前からモータースポーツを楽しむベース車として、15MBというモデルも存在。パワートレインは、1.5リッターガソリンエンジン(最高出力116馬力)に6速MTを組み合わせた仕様です。

●日産「マーチ NISMO S」184万2480円

 日産「マーチ」は歴代モデルすべてにMT車がラインナップされていましたが、現行モデル(K13型)では全車CVTとなっています。しかし、2013年に追加された「NISMO S」で待望の5速MT車が登場しました。

 マーチ NISMO Sは、専用の1.5リッター自然吸気エンジン(最高出力116馬力)が搭載され、重量1010kgのボディには十分なパワーとなっています。

 また、ボディ各部の補強と、専用にチューニングされたサスペンションやパワーステアリング、エアロパーツなどが装備されるなど、NISMOの名に恥じない内容です。

 内装にもスポーツシートや、本革とアルカンターラを組み合わせた小径なハンドル、ほかにも随所に赤色をアクセントに取り入れてスポーティな雰囲気を演出しています。

※ ※ ※

 今回は、消費税が10%になったあとでも100万円台で購入できるモデルを紹介しました。増税前であれば、ホンダ「フィット」のRS・Honda SENSINGという2WDの6速MT仕様も存在しましたが、2019年12月現在では208万8900円となっています。

 また、輸入車ではルノー「トゥインゴ」の6速MT仕様がありましたが、現在の国内ラインナップでは一旦無くなりました。

 軽自動車よりもパワフルで実用性があり、MTの操作感覚を味わえる100万円台のモデルは車両価格や消費税の引き上げなどにより、少なくなりつつありますが、まだまだ生き残っているようです。

【どれにする?】 100万円台で買える国産車MT車を画像でチェック!(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント