3600万円あれば買い!? マクラーレンのレーシングカー「570S GT4」を公道走行可能にした「620R」発売

マクラーレンのワンメイクレース用車両「570S GT4」の公道バージョン「620R」が発表されました。どうやったらレースカーで公道を走ることができるようになるのでしょうか。

いうなれば、ワンメイクレース用の570S GT4のロードリーガルバージョン

 マクラーレンがスポーツシリーズに、350台限定のマクラーレン「620R」を追加しました。レースカーであるマクラーレン「570S GT4」にインスパイアされた公道最強バージョンのスポーツシリーズとは、いったいどんなクルマなのでしょうか。

公道を合法的に走行可能なマクラーレン「620R」
公道を合法的に走行可能なマクラーレン「620R」

 マクラーレンは、「スポーツシリーズ」、「スーパーシリーズ」、「アルティメットシリーズ」の3つのラインナップで車種展開しています。
 
 このなかのスポーツシリーズは、マクラーレンが「F1」以来、久しぶりに市販したロードカー「MP4-12C」から搭載しているプロアクティブ・シャシー・コントロール(以下PCC)と可変エアロを採用していない、いわばエントリーモデルです。
 
 油圧によってシャシをコントールするPCCは、驚異の乗り心地を実現して話題になりましたが、スポーツシリーズの前後ダブルウィッシュボーン式のサスペンションも、従来のスポーツカーに乗り慣れた人には、むしろ扱いやすいと好評でした。
 
 このスポーツシリーズには、ロングテールの「600LTスパイダー/600LT」、「570Sスパイダー/570S」「570GT」「540C」というエンジン出力、ボディの違いで6タイプがラインナップされています。ちなみに車名の数字は最高出力を表しています。
 
 こうしたロードカーのほかに、570S GT4という公道を走行できないサーキット専用モデルもあります。570S GT4は、大きなリアウイングにフロントスプリッターなどが装備されます。
 
 570S GT4のインテリアにはFIA公認のロールケージと消火システムが装備され、軽量鍛造マグネシウム・ホイールはセンターロック式。まさしくサーキットスペシャルの1台です。
 
 マクラーレンは、570S GT4でワンメイクレース「ピュア・マクラーレンGT4クラブレース」を開催しています。
 
 スーパーカーのワンメイクレースといえば、フェラーリでは「488チャレンジ・エボ」での「フェラーリチャレンジ」、ランボルギーニでは「ウラカン・スーパートロフェオ」での「スーパートロフェオ」が有名です。
 
 こうしたサーキットスペシャルの車両で、公道を走りたいというスーパーカーオーナーの要望が以前からありましたが、フェラーリやランボルギーニよりも先にマクラーレンが現実化しました。
 
 ワンメイクレース用の車両である570S GT4を、合法的にロードバージョンに仕立てたのがマクラーレン620Rです。

公道を走れる「620R」とサーキットしか走れない「570S GT4」を比べてみよう!(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント