トヨタのオラ顔SUV「RAV4&ライズ」がカッコイイ! イカすTRDデザインはどっち?

トヨタの新型コンパクトSUV「ライズ」が2019年11月5日に発売されました。それにともない、カスタマイズパーツ展開をおこなうTRDブランドは、ライズのカスタマイズパーツを発売すると発表しました。標準モデルよりもアグレッシブになったTRD仕様とはどのようなクルマなのでしょうか。

TRD仕様はアグレッシブさがポイント!

 トヨタのモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開をおこなうTRDブランドは、トヨタのさまざまなモデル用にカスタマイズパーツを設定しています。なかでも、TRDのタフさやアグレッシブさが際立つのが、SUVモデルの「RAV4」と「ライズ」です。

 両車は、標準モデルのデザインが似ていることから比較されることもありますが、TRDのカスタマイズパーツではどのようなデザインの違いがあるのでしょうか。

トヨタの人気SUV「RAV4」と「ライズ」はどちらがイカすオラオラ顔?
トヨタの人気SUV「RAV4」と「ライズ」はどちらがイカすオラオラ顔?

 RAV4のTRD仕様は、タフでスタイリッシュな2種類のカスタマイズパーツが登場しました。どこまでも行けるRAV4のタフさをTRD仕様でさらに進化させています。

 設定されているTRDパーツは、アクティブさが特徴のグレード「Adventure」専用の『フィールド・モンスター』と、そのほかのグレードに最適な『ストリート・モンスター』の2種類を設定。

 アクティブさが特徴の『フィールド・モンスター』は、ベース車の持つタフな世界観を強調するスタイリング。より武骨なバンパー・オーバーフェンダーとサイドデカールが目を引くカジュアルな装いとの対比が本格アウトドアウェアを着こなすファッショントレンドをイメージさせます。また、TRDパーツとして初設定の「ルーフラック」は、RAV4専用設計となり、全グレードに装着可能です。

『ストリート・モンスター』では、本格SUVのスポーツクロスオーバースタイルを提案。フロント・サイド・リアに設定されるエアロパーツは、ワイド&ローなスタンスを強調し、車高は純正より121mm下がっています。

 一方、ライズの外装パーツは、マットブラック×レッドアクセントによって、アグレッシブなスポーツスタイルを演出しました。

 なかでもフロントスポイラー、サイドスカート、リアバンパースポイラーは、ダウンフォースをコントロールし、ボディ側面や下面を流れる風を整流することで直進安定性や走行安定性を向上させるエアロパーツとして設定しています。

 そのほかにも、迫力あるブラックアウト加飾で、スポーティなフロントフェイスを演出するフロントバンパーガーニッシュが用意されています。

 また、TRDオリジナルのバーグラフィックがよりスポーティさを演出するサイドデカール 、バックドアデカールを設定するなど、TRDならではのアグレッシブなスポーティイメージを新型ライズに付与するカスタマイズパーツをラインナップしました。

 そのほかのパーツでは、ライズ専用設計のサンシェードやブラックとシルバーの色が設定されるドアハンドルプロテクター、積載時のラゲージ部分の汚れや傷つき防止に役立つラゲージマットなども用意されています。

トヨタ RAV4 の詳細を見る

トヨタ ライズの詳細を見る

【画像】RAV4とライズどっちがオラ顔? TRD仕様を見比べる!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント