100万円台でSUVが買える? 人気のコンパクトSUV5選

世界的なSUVブームのなかで、日本市場でも軽自動車からフルサイズまでさまざまなタイプのSUVモデルが続々と登場しています。今回は、100万円台から購入できるSUVを5台紹介します。

どのSUVが好み? 100万円台で買えるモデルとは

 SUVタイプのクルマは、国内でもよく見かけるジャンルとして定着してきました。SUVとは「Sport Utility Vehicle」の略で、アウトドアシーンなどが似合うアクティブなイメージのクルマです。クルマに興味なくても、日常の外へ連れ出してくれるアクティブなスタイルに惹かれる人も増えてきたのではないでしょうか。

 しかし、SUVは車体が大きな車種が多いので、国内の狭い交通環境では乗りにくいといった意見も一部にはありました。また、とくに外国車のSUVは大柄のうえに高価なモデルが多く、なかなか手が出ないといったこともあります。

 そこで今回は、狭い国内でも普段使いしやすいコンパクトカーや軽自動車規格のサイズで、100万円台から購入できるコンパクトSUVを5台紹介します。

多種多様な国内市場のSUVモデル達
多種多様な国内市場のSUVモデル達

●ダイハツ「ロッキー」&トヨタ「ライズ」

 ロッキーとライズは、2019年11月に発売された5ナンバーサイズのコンパクトSUVです。両車種ともにダイハツが開発を担当しています。

 ロッキーとライズの外観デザインはSUVらしい力強いデザインをしています。力強いフェイスや厚いボディ、張り出したフェンダーなど、SUVらしさをイメージさせるデザインで、SUVをそのままコンパクトサイズにしたような印象のクルマです。
 
 両車の異なる部分では、フロントフェイスが挙げられます。

 ロッキーの顔つきは、大きく開けられた六角形型のフロントグリルが特徴で、ヘッドライトとフロントグリルの位置関係からダイハツの2ドアオープンカー「コペン エクスプレイ」のフロントデザインを想起させる、アクティブ感の強いデザインです。

 対して、新型ライズは台形のロアグリルがボディのワイド感を演出するデザインで、トヨタのデザインコンセプトである「キーンルック」の要素も感じられ、トヨタのSUV「RAV4」をイメージさせる洗練された印象の顔つきとなりました。

 ロッキーとライズのボディサイズは、全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mm、最低地上高は185mmです。全車ガソリン車ですが、JC08モード燃費で最高23.4km/hを実現しています。

 ロッキーの価格帯は、車両本体価格(消費税込、以下同様)で170万5000円から242万2200円。ライズの価格帯は、167万9000円から228万2200円です。

●三菱「eKクロス」

 eKクロスは2019年3月に登場した軽SUVです。近年の三菱車に共通するワイルドなフェイスデザインを採用するなど、アクティブなイメージのクルマです。

 三菱と日産は軽自動車を共同開発しており、三菱「eKワゴン」日産「デイズ」「デイズハイウェイスター」は兄弟車にあたります。

 軽自動車の購入者は近年、車体色やスタイルを重視する傾向があり、カスタムモデルに相当するeKクロスは、アクティブさを大胆に強調するデザインにしたといいます。

 eKクロスのボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1640mm、最低地上高は155mmです。ハイブリッド車のJC08モード燃費は、最高29.8km/hを実現しています。

 eKクロスの価格帯は、144万1000円から179万8500円です。

【画像】100万円台から買えるコンパクトSUVをチェック!

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント