新車200万円台で楽しめるホットハッチ試乗! VW「up! GTI」はライバル不在!?

フォルクスワーゲンのホットハッチ「GTI」シリーズでもっとも小さいモデルが「up!(アップ!)GTI」です。限定車として日本に導入されましたが、2019年からは特別仕様車のカタログモデルとして新たに登場しました。アップ! GTIの魅力とはなんでしょうか。

2018年の限定600台は即日完売、2019年からカタログモデルに

 フォルクスワーゲン(VW)のスポーツ性を語る上で、「GTI」という記号は欠かすことはできません。

 ドイツ本国で、初代「ゴルフ」にGTIモデルが登場したのは1976年のこと。スポーツ性能だけでなく、日常での使い勝手も両立したゴルフGTIはヨーロッパ中で人気を博し、それからGTIは歴代ゴルフに設定されていきます。

 そんなGTIモデルは、いまではゴルフだけでなく「ポロ」や「up!(アップ!)」にも設定、フォルクスワーゲンのホットハッチ「GTIシリーズ」は3車種で展開しています。

2019年からカタログモデルになったアップ! GTI
2019年からカタログモデルになったアップ! GTI

 アップ! GTIは、2018年6月に600台限定モデルとして日本に上陸しました。コンパクトなボディとスポーツチューンされた足まわり、6速MTで操る楽しさ、そして200万円台前半という車両価格もあり、600台はまたたく間に売り切れました。

 そこで、2019年2月に特別仕様車として復活。今度は台数限定ではなくカタログモデルとして登場しました。

 2018年登場の限定車だったアップ! GTIに追加された装備はおもにふたつ。リアビューカメラを採用したことと、ヘッドフォンの「b」マークでもおなじみの、「beats」プレミアムサウンドシステムを標準装備したことです。車両価格は234万2000円です。

 搭載するエンジンは、116馬力/200Nmを発生する999ccの直噴直列3気筒ターボ(1.0TSI)です。

 このエンジンは優れたパフォーマンスを誇るだけでなく、この種のエンジンとしてはじめて四元触媒コンバーターが装着されれ、新しい欧州の排出ガス規制「EU 6AG」にも対応するなど低エミッション性を実現。2018年のインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで1リッター以下クラスで1位を獲得するなど、高評価を得ています。

 トランスミッションは6速MT。ノーマルの「アップ!」に搭載される5速シングルクラッチ「ASG」は用意されません。

現代に残る軽量ホットハッチ 「アップ! GTI」を画像でチェック(30枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ライバルが何で何時も同業者なんだろうかね?
    そんなんだから団子三兄弟みたいな車しか作れないんだろ
    本当のライバルは買ってくれるお客さんですよ
    財力で車は作れても車は創れませんからね。
    スバル360なんて開発者が家族で遠出をしたい思い入れから産まれた車で自分やお客さんがライバルな車でしたよね
    限られたスペースや開発の制限から創造されたのが捩り棒のサスだったりするわけで、ベンツもTOYOTAの庭を気にしなかったころは良い車を創ってましたが今はTOYOTAのような車しか作れない会社になってしまいました。