超絶カッコイイ! 荷物を運ぶだけじゃ勿体ない車3選

トラックというと荷物の運搬に特化したクルマというイメージがありますが、なかにはスタイリッシュなデザインであったり、高性能なエンジンを搭載したモデルもあります。そこで、海外で販売されているカッコいいトラックを3車種ピックアップして紹介します。

マジでカッコイイ! スポーティなピックアップトラック

 トラックというと無骨なデザインで、荷物の運搬に特化したクルマというイメージがあります。

 しかし、海外に目を向けると、デザインがスタイリッシュなトラックが多数存在。そこで、海外で販売されているカッコいいトラックを3車種ピックアップして紹介します。

●ホールデン「ユート」

最大6リッターのV8エンジンを搭載するスーパートラックのホールデン「ユート」
最大6リッターのV8エンジンを搭載するスーパートラックのホールデン「ユート」

 オーストラリアには100年以上の歴史を持つ「ホールデン」という自動車メーカーがあります。

 ホールデンはGMの傘下で、これまで数多くの魅力的なクルマを作ってきました。かつてはマツダが提携して、プレミアムセダンの「プレミアー」をベースにロータリーエンジンを搭載し、マツダ「ロードペーサー」として販売していたこともあります。

 このホールデンには、スタイリッシュなピックアップトラック「ユート」があり、高性能なエンジンを搭載するなど、スポーツカー顔負けのトラックとなっていました。

 2007年に発売されたモデルの上級グレードでは、6リッターV型8気筒エンジンを搭載し、トランスミッションは6速MTが設定され、ドイツのサーキット「ニュルブルクリンク」でも、その俊足ぶりを発揮しました。

 しかし、ホールデンは徐々にオーストラリアでの生産を縮小していき、2017年をもって国内生産を終了。現在はすべてのラインナップを他国で生産し、輸入して販売しています。

 現在、ユートは海外生産されず、残念ながらラインナップから姿を消してしまいました。

●メルセデス・ベンツ「Xクラス」

ピックアップトラックでもプレミアム感あふれるメルセデス・ベンツ「Xクラス」
ピックアップトラックでもプレミアム感あふれるメルセデス・ベンツ「Xクラス」

 2018年に販売が開始されたメルセデス・ベンツ「Xクラス」は、同社がラインナップする初のダブルキャブ・ピックアップトラックです。

 ベースとなったのは日産のピックアップトラック「NP300 ナバラ」で、ルノー・日産アライアンスと共同開発というカタチで誕生しました。

 NP300 ナバラの兄弟車にルノー「アラスカン」があり、両車は単にフロントフェイスなどのデザインが異なるのみですが、Xクラスでは50mm室内幅を拡大するなど、多くの部分が専用設計となっています。

 内外装にはメルセデス・ベンツのデザインが反映され、「スリーポインテッドスター」を掲げるフロントフェイスや、インパネまわりもメルセデス・ベンツ流のデザインとなり、ピックアップトラックでありながら高級感が漂うクルマに仕立てられているのです。

 一方で、純粋に荷物を運ぶ商用車として使われるための「ワークメイト」も用意されています。

 なお、Xクラスに搭載されるエンジンは2.3リッター直列4気筒ディーゼルターボ、2.3リッター直列4気筒ディーゼルツインターボ、3リッターV型6気筒ディーゼルターボの3種類で、一部地域ではガソリンエンジンもあります。

【画像】世界のカッコいいピックアップトラックを見る(25枚)

【格安航空券・早いほどお得!】春休みの予定はもう決めた?

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント