フェアレディZは反則でしょ! カッコ良すぎるパトカー3選

パトカーに使われている車種といえば主にセダンですが、なかには高性能車を採用するケースがあります。そこで、スポーツカーをベースにしたパトカーを3車種ピックアップして紹介します。

素直にカッコイイ! スポーツカーのパトカーたち

 白と黒に塗られたパトロールカー(以下、パトカー)は、日常的に見かける警察車両として馴染みのある存在です。

 近年はトヨタ「クラウン」が主流で、ほかに先代のスバル「レガシィB4」なども見かけますが、用途によってパトカーの車種はさまざまです。

 なかでも高速道路などで取締りをおこなう交通機動隊が乗るパトカーは、高性能車が採用されることがあります。

 そこで、パトカーに採用されたクルマのなかから、とくにかっこいいモデルを3車種ピックアップして紹介します。

●日産「フェアレディZ」

警視庁が採用した「Z34型フェアレディZニスモ」のパトカー
警視庁が採用した「Z34型フェアレディZニスモ」のパトカー

 日産を代表するスポーツカーとして、1969年にデビューした初代「フェアレディZ」は、日本にも本格的な高速時代の到来を告げたクルマでした。

 高速道路網が整備されれば、当然のように速度違反や事故が増えます。そこで、1972年3月に神奈川県警察の高速道路交通警察隊が、高性能な「フェアレディ240ZG」のハイウェイパトロールカーを採用。

 サイレン、赤色回転灯、ストップ機構付速度計、無線機などが装備されており、実際に取締やパトロールに使われ、現役時代の総走行距離は37万940kmに達したといいます。

 その後も歴代フェアレディZがさまざまな地域のパトカーに採用され、活躍しました。

 最近では2017年に警視庁が、現行モデルのZ34型フェアレディZニスモのパトカーを採用して、大いに話題となりました。

●ホンダ「NSX」

かつて栃木県警が使っていた初代「NSX」のパトカー
かつて栃木県警が使っていた初代「NSX」のパトカー

 1990年に初代ホンダ「NSX」が発売。世界初のオールアルミモノコックのシャシに、最高出力280馬力の3リッターV型6気筒DOHCエンジンをミッドシップマウントした和製スーパーカーです。

 当時、国内メーカーの乗用車では最高額でありながらも、バブル経済の追い風もあり、発売当初で3年分のバックオーダーを抱えたという逸話があります。

 NSXは欧州製のスーパーカーを大きく上まわる品質を実現し、スーパーカーの概念を変えたクルマとして国内外で商業的な成功を収めました。

 そして、NSXが1992年に栃木県警へパトカーとして導入され話題になりました。ホンダが栃木県警に寄贈したことが新聞でも報じられたほどです。

 日産「スカイラインGT-R」やトヨタ「スープラ」など国産車の高性能化が進むなかで、速度超過などの違反行為の増加に対する抑止効果も狙っていたのかもしれません。

【画像】超絶カッコイイ! 「フェアレディ240ZG」や「インプレッサ」のパトカーを見る(12枚)

【格安航空券・早いほどお得!】春休みの予定はもう決めた?

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 警察って(用途)と言う言葉を知らないのか?
    仮に企業からの贈呈品でも用の足らんものはマジでつまらない贈り物なんだけどね
    ZとかGTRなんて拳銃の代わりにライフルを巡査に持たせるようなもんだろ
    警察は取り締まりを完全に狩りと勘違いしているのでその無能ぶりを世界に散弾させるのはやめてくれたまえよ
    白バイ警官も一人で検挙した相手に背を向けて調書買いて後ろから襲われたらどうするのかねww?
    都と県の境で道を尋ねれば警視庁だから県警管轄の道は分からない?地元じゃないから知らないとか?こんなお粗末な組織の連中は1馬力の馬だって操れないだろうに何百馬力の車なんて操れるわけないだろ

  2. こんな警察玩具はどうでもいいから使用の本拠を無視して他に車を常駐させてる車庫飛ばしを取り締まってくださいね~
    車庫飛ばしは君ら警察が埋めた地雷なので

  3. 高知で白バイの路上訓練が問題視されたにも関わらず未だにこんなミサイルパトカーを導入してるんだな。
    記事では犯罪の抑止とか書いてるけど?それとは違うよね。

  4. 3選?
    2つしか載ってないのは俺の勘違い?