ホンダ新型シビックが2020年1月に登場! よりスポーティで上質に進化

ホンダ「シビック」と「シビックハッチバック」が2020年1月にマイナーチェンジをおこなうことがわかりました。両車はどのようなクルマになるのでしょうか。

シビックとシビックハッチバックはどう進化する?

 ホンダ「シビック(セダン)」と「シビックハッチバック」が2020年1月にマイナーチェンジをおこなうことがわかりました。また、マイナーチェンジに先立ち、新型モデルに関するティザーサイトが公開されました。

ホンダ新型「シビック」(2020年1月マイナーチェンジ)
ホンダ新型「シビック」(2020年1月マイナーチェンジ)

 シビックシリーズは「操る喜び」の提供を目指し、2017年に現行モデルが発売されました。洗練された上質な走りのセダンや、スポーティさを際立たせたハッチバックを展開し、多くのユーザーから好評を得ています。

 新型シビックのデザインは、流麗なルーフラインや硬質で彫刻的なサイドパネルにより上質なスタイリングを実現。一方の新型シビックハッチバックの外観はロー&ワイドを基調とし、スポーティなデザインに磨きをかけました。

 また、ハッチバックにはトップロードサンルーフが新たにオプションとして設定されます。手動で天井部をスライドさせるとサンルーフが出現。ガラス部は電動で開閉でき、チルトアップ機能も備えています。

 内装は、コクピットをスポーティに演出するコンビシートを、セダン、ハッチバックともに標準装備しています。

 なお、シビックハッチバックの高性能版である「タイプR」のマイナーチェンジについては、今回はアナウンスされていませんが、シビックタイプRの公式サイトでは「まもなく販売終了」とされていることから、今後の展開が注目されます。

ホンダ新型「シビック/シビックハッチバック」を先行公開! どう進化する?(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 凄い車なのですね。ハッチタイプにしてもこのセダンにしても。最初の頃のタイプRがプレミアムカーとなり今でも凄く高値なのが記載されていました。本当にニュルブリンクでも凄いタイムを叩き出すしパフォーマンスも抜群で街中で見かけてもフロントマスクが幾分出っ歯さんぽく見え判別し易いですね。ただただ私個人が思うんですが大学時代にFFのシビック(CVCC)がハッチバックで登場たまにフロントグリルにRSのエンブレが付いてるシビックがチェリーX1やカローラレビン、サバンナGTのロータリー・カペラロータリーとかと競い合いセリカGTVもブルUとか沢山の素晴らしい車がそういすゞべレットGT、117クーペのスタイル抜群なのが勢揃いでした。それがそれが今現在の残留カーが余り当時パッとしなかったホンダのシビック!シビックのブサスタイルに当時ピンと来ない車だった為いま何故この車が???と思ったカムリ!これも存在していた記憶すらないぱっとしないさえなかったオジン車。ほんとに今人気の車がどこから引っ張り出して人気が出たのか?イニDで峠でタイプRやトヨタ86が登場したからなのか?昭和の40年代から50年代のハコスカやケンメリ,ブタケツのローレル,240Z、510サンSやら当時日産の車が硬派の男が乗る車でセリカ等の軟派車がトヨタ?みたく言ってた時代からすればこのシビックのセダンが一体何なのか?全然食指も動かないこの車にユメも何も感じえないのは昭和の排ガス規制の前の時代で車を見てきてたせいなのか?日産のスカイライン、フェアレディーZ以外乗ってみたいと思う車がなくなってしまい今のミニバンやらトールタイプの軽車両のデザインとフォルムのカケラも無いデザインに日本も終わったのか??と思う次第です。欧州車のフォルム、デザインの芸術性を感じ日本にもトヨGやら他美を感じる車が昔は有ったのですが・・・。 でもシビックは凄い車なのですネ。