昭和のヤングにも大流行! 1980年代バブル前夜に人気のあった「ハイソカー」3選

1980年代、好景気だったニッポンで、当時のヤング世代は、より高級なクルマを求めるようになりました。そうして起きたのが「ハイソカー」ブームです。当時流行したハイソカーを3種類紹介します。

ハイソサエティ・カーの略が「ハイソカー」

「ハイソカー」とは、1980年代前半から後半にかけて大流行した自動車ジャンルの俗称です。「ハイソサエティ・カー(上流階級向け車種の意味。和製英語)」からくる造語で、自動車雑誌「ホリデーオート」が名づけたといわれています。

70系トヨタ「クレスタ」。マークII三兄弟の中でももっとも“ハイソ度”が高いと当時の若者たちにもてはやされた。
70系トヨタ「クレスタ」。マークII三兄弟の中でももっとも“ハイソ度”が高いと当時の若者たちにもてはやされた。

 1980年代初頭、日本は世界最大の貿易黒字国になり、好景気が続いていました。それにともないユーザーも、クルマに高級感や先進的な機能を求めるようになっていきました。そうしたなかで流行したのがハイソカーです。

 ハイソカーは、当時としては珍しかったデジタルメーターやターボエンジン、電子制御サスペンションなど、斬新なアイテムを搭載していました。さらに内装も豪華なグレードが流行し、当時の若者が憧れるクルマになりました。

 ハイソカーの起源は諸説ありますが、1980年に発売されたトヨタの初代「クレスタ」がきっかけになったともいわれています。初代クレスタは、トヨタの新販売チャネル「ビスタ店」の開業と同時に、ビスタ店の最上級車種として発売されました。半年後に兄弟車である4代目「マークII」「チェイサー」も登場しています。

 4ドアハードトップのモデルが人気を集めましたが、それだけではなく、4ドアセダンや2ドアクーペのモデルもハイソカーに分類されます。

 当時人気のあったハイソカーを3種6モデルを紹介します。

●トヨタ「クレスタ」「チェイサー」「マークII」(70系)

 トヨタの「マークII」「クレスタ」「チェイサー」は兄弟車で、3車種あわせて「マークII 3兄弟」とも呼ばれています。クレスタはビスタ店、チェイサーはオート店、マークIIはトヨペット店で販売されていました。

 そのなかでも、とくに1984年に発売された「70系」と呼ばれる3モデルが大人気となり、ハイソカーブームに火をつけました。クレスタは2代目、チェイサーは3代目、マークIIは5代目となります。

 2代目クレスタは、そんなマークII 3兄弟のなかでも当時一番人気だったモデルです。サッシュドアを採用した4ドアセダンですが、全高1385mmと低く抑えた端正なスタイリングで、先代から引き継がれた角目4灯ヘッドライトが特徴でした。

 3代目チェイサーは4ドアハードトップのみの展開でした。斜め格子のセンターグリルが印象的なモデルです。

 5代目マークIIは4ドアハードトップ、4ドアセダンが用意され、ステーションワゴンやバンもありました。

 70系クレスタ、チェイサー、マークIIは、TEMS(トヨタ電子制御サスペンション)や4輪ESC、2モードプログレッシブパワーステアリングをオプションで用意するなど、当時としては斬新なメカニズムを持ったクルマでした。さらに、スーパーラグジュアリーシートや世界初のクイックハンドウォーマーなど、インテリアも充実した内容でした。

 1988年にはクレスタ、チェイサー、マークIIとも80系にフルモデルチェンジ。バブル景気の波に乗り、70系以上の販売台数を記録しました。

ザ・昭和遺産! 懐かしの「ハイソカー」を画像で見る(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

二十歳で工場長 へ返信する コメントをキャンセル

4件のコメント

  1. 初代クレスタの目玉はそれまでのM系6気筒に代わる1G系を初搭載したこと
    末期にはセルシオに似せたドアパネルなどCMもマークⅡチェイサーより地味でしたね。
    (狼は走らない、男は狩りをしない)山崎努氏を起用するなど三つ子車でも優等生に振った車でしたね

  2. 車の話は横において、若者って何歳位を言っているのだろう。こんな高価な車を普通の20代が沢山乗れていたのは、「古き良き時代」ではなく「異常な時代」。
    日本以外では(中国人のボンボンはしらんけど)、昔から今日まで、20代は貧乏に決まっていて、ほとんどが中古車に乗っているのが実情。スポーツカーや大型バイクの雑誌を必死で読んでいるのは、欧州なんかではやっと小金がたまりだしたおじさん(40歳以上)達です。レイオフは若手から切られるのが一般的ですし。

    • 私の周囲の同僚は他人の残業を買って出たり努力をして高価な車を扶養家族のように養ってましたがね。
      560SEを新車で買った奴もいましたよ
      寺の僧侶にベンツを与える檀家もいましたが自分の努力で鼻を効かせて狙いを定めた買い物は異常ではありませんね
      言うなら車検証の所有者欄に自分の名義すら刻めない者が新車の誘惑にローン、リースの最中に他人が自分の車を買う中古需要をあてこんで自分の車を高く売却、新車は安く購入する図式のほうが異常なんですよ
      もっとも法人や富裕層ほど割賦リースを選択する傾向もありますがね
      今の高齢者の免許返納にしても大して認知症と運転行為の因果を調べもせずにアクセルとブレーキの踏み間違いで坦々と処理される事故検分とか?むしろ異常なのはこちらのほうでしょうね
      私は踏み間違いなんてのは場当たりな言い逃れだと思ってますが時既に遅しで後付けの補助装置とかビジネスの的になってますよね
      自動車メーカーが参じて後付け装置を用意しないのも後にあからさまになるであろう言い逃れ路線を警戒してのことでしょう
      勿論対策施した新車を売りたいのがディーゼル規制の時と同じ理由で後付け装置で存続車が延命をはかられるのを嫌った構図と似てますがね。
      因みに1G2000のクレスタのスーパールーセント程度なら若者でも普通に買える価格でしたけどね

  3. ま、ちなみに1985年の名目経済成長率が7% 実質経済成長率も4%あった。「クレスタのスーパールーセント程度なら若者でも普通に買える価格」=薄利多売できた時代。自動車ローン金利も高かったけど、成長前提にかしまくり。給料が上がることを前提に借りまくり。長期にすれば、ローンの利子もがっぽり取られたんだけど。
    銀行が、必要な金額より、多めに貸してくれた時代。その頃の若者が、今60歳前後かねえ。
    うまく乗り切れた人には「古き良き時代」かも。そして、90年代頭に経済成長率がゼロに近づき、90年代後半に負になってしまった。貧しき者と富める者の二分化が始まった。