ダイハツ 新型SUV「ロッキー」発売! 力強いデザインの5ナンバーサイズコンパクトSUV

ダイハツの新たなSUVとして新型「ロッキー」が発売されました。コンパクトSUVの新たなジャンルとして登場した新型ロッキーは、どのようなモデルなのでしょうか。

ダイハツがつくった新ジャンルのコンパクトSUV「ロッキー」

 ダイハツは、コンパクトSUVの新型「ロッキー」を2019年11月5日より発売します。ダイハツの新世代クルマづくり「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」の第2弾となる新型ロッキーは、トヨタにOEM供給され、新型「ライズ」として発売されます。

ダイハツ新型「ロッキー」(ボディカラー:コンパーノレッド)
ダイハツ新型「ロッキー」(ボディカラー:コンパーノレッド)

 新型ロッキーは、若々しくアクティブな生活を楽しむユーザーをターゲットとし、レジャーから日常生活まで、幅広いシーンで活躍するクルマを目指しました。

 2019年7月に発売された軽自動車の新型「タント」から採用されたDNGAを取り入れることで、5ナンバーサイズで全長は4mを切るコンパクトなサイズとしながら、広い室内空間、高い積載性を備えました。

 ボディサイズは、全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mm、17インチの大径タイヤを採用しながら最小回転半径は5mとし(16インチタイヤの場合は4.9m)、取り回しがしやすいサイズを実現しました。

 室内空間では、前後のシート間は900mmとし、ゆったり座れる快適性を備えています。

 また、最大荷室長755mm、最大容量369リッターと大容量の荷室空間を確保し、レジャーや買い物などのシーンでたくさんの荷物を載せることができます。

 付属の2段可変式デッキボードを活用することで、荷室の高さや容量を変えることができ、さまざまな用途に対応可能です。6:4分割可倒式リアシートを前に倒すことで、長尺物も載せることができます。

 外観のデザインは、安定感を感じさせる厚みのあるロアボディと、薄く軽快なキャビンを支える張り出したフェンダー、17インチの大径タイヤを採用することで、踏ん張り感のあるSUVらしいスタイルを強調しました。

 ヘッドランプは、周囲からの視認性が高く、安全性と先進性を表現したシーケンシャルターンランプを採用しています。

 ボディカラーは、ダイハツのモノづくりを象徴する色として、光が当たると朱色に輝く「コンパーノレッド」を新開発しました。これは、1963年に発売されたダイハツ初の小型乗用車「コンパ―ノ」に由来しています。新色「コンパーノレッド」を含むモノトーン8色に加え、ツートーンカラー3色の全11色が用意されました。

 さらに、新型ロッキーの世界観を広げるアクセサリースタイルとして、3つのタイプがラインナップされています。

 ブラック塗装のエアロパーツやメッキ加飾で存在感のある上質感を表現した「エレガンススタイル」、サテンシルバーを基調にレッド加飾を施したアンダーガーニッシュ装着で、SUVの力強さを強調した「パワフルスタイル」、ボディ同色のエアロパーツを装着しスポーティさを表現した「スポーティスタイル」で、個性あふれる新型ロッキーを演出することができます。

 新型ロッキーの内装は、シルバー加飾を施したフロントコンソールや、高い位置にあるスポーティなシフトバー、コクピットタイプのインパネデザインにより、SUVらしいワクワク感のあるデザインとしています。また、さまざまな箇所に収納を設け、使い勝手の良さも向上しています。

「G」「X」グレードは赤のアクセントを施してアクティブ感を表現、最上級グレードの「プレミアム」は革巻きのハンドルやシフトノブ、ソフトレザー調のシートを採用するとともに、黒・シルバーの加飾を施して上質感を表現しました。

 メーターは、先進性やプレミアム感を備えたフル液晶を想起させるメーターデザインとし、4種類のデザインが選択可能です。

昔のロッキーのコンセプトを継承!? ダイハツ新型「ロッキー」を詳細画像でチェック(37枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント