5千人のVWファンが大集合! 聖地・豊橋で「VWジャンボリー」開催

年に一度開催されるクラシック・フォルクスワーゲン(VW)の祭典、「第13回ストリートVWジャンボリー」が、愛知県豊橋市にあるフォルクスワーゲングループジャパンのインポートセンター敷地内で開催されました。

クラシック・フォルクスワーゲンが約600台集合!

 2019年10月27日、国内最大級のクラシック・フォルクスワーゲンのカスタマーイベント、「第13回ストリートVWジャンボリー」が、愛知県豊橋市にあるフォルクスワーゲングループジャパン(以下VGJ)の豊橋インポートセンターで開催されました。

「第13回ストリートVWジャンボリー」の様子
「第13回ストリートVWジャンボリー」の様子

 このイベントは毎年、東京・お台場で開催されていましたが、今回は初めての中部地方での開催。それもVGJ本社でもある、愛知県・豊橋市のVGJインポートセンターという「日本のフォルクスワーゲンの聖地」でおこなわれるということもあり、目視で確認しただけでも北は札幌ナンバーから南は鹿児島ナンバーまで、全国からVW車が大集合しました。

 最終的にはクラシック・フォルクスワーゲンが約600台、見学に来た新旧VW車、および一般車両が約2000台、約5000人が集まるという大規模なイベントになりました。

 会場では、古くからのオーナーの証であるシングルナンバー装着のタイプ1をはじめ、カスタマイズされた新旧ビートル、ワーゲンバス(タイプ2)、カルマンギア、ゴルフシリーズなど、多くの車両が並べられ、オーナー同士の交流があちらこちらで見られました。

 どのクルマも、ストリート風にカスタムをしたり、錆エイジングペイントをしたり、自分で製作したシートカバーをしていたり、DIYで車内に扇風機を付けたりと、それぞれが自分なりにカスタマイズしていて、同じクルマが1台もないのが印象的でした。

 また若いファミリーも多く、子どももたくさん参加。さらにペット連れも多数で、手作りのグッズや古着などを販売するフリーマーケットも開催され、参加者は思い思いにイベントを楽しんでいました。

5千人のVWファンが大集合! 「VWジャンボリー」の様子を画像で見る(34枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント