GT-Rスピリットを受け継いだワゴンとは!? ハイパワーステーションワゴン3選

現在、国内市場で車種が少なくなっているステーションワゴンですが、かつては各メーカーから高性能モデルが発売されるなど、バラエティに富んでいました。そこで、国産ハイパワーステーションワゴン3車種をピックアップして紹介します。

国産高性能ステーションワゴン3モデル

 現在、日本ではラインナップが縮小傾向にあるステーションワゴン(以下ワゴン)ですが、かつては各メーカーから数多く販売されており、なかでも高性能エンジンを搭載したハイパワーワゴンは人気を集めていました。

 そこで、これまで販売されてきたハイパワーワゴンのなかから、珍しいモデルや最新のモデルを3車種ピックアップして紹介します。

●日産「ステージア 260RS」

スカイランGT-Rのメカが移植された日産「ステージア 260RS」
スカイランGT-Rのメカが移植された日産「ステージア 260RS」

 かつて日産「スカイライン」にはワゴンが設定されていましたが、1989年に登場したR32型から廃止されました。そこで、日産は新たなワゴン専用モデルとして、初代「ステージア」を1996年に発売。

 シャシなどの基本的な構成はスカイラインと共有し、搭載されたエンジンも同じくRB型直列6気筒でした。

 ステージアには元々「RS」というスポーティグレードがありましたが、さらに高性能な「ステージア 260RS」が、1997年に日産の特装車やカスタマイズカーを手掛けるオーテックジャパンから発売されます。

 ステージア 260RSはR33型「スカイラインGT-R」のエンジン、ドライブトレイン、ブレーキ、サスペンションなどが移植されたモデルで、別名は「GT-Rワゴン」。

 搭載された2.6リッター直列6気筒ツインターボのRB26DETT型エンジンは280馬力を発揮し、トランスミッションは5速MTのみで、GT-R譲りの4WDシステム「アテーサE-TS」も組み込まれ、車体剛性も強化されています。

 台数限定などではなく継続して販売されましたが、いまでは希少車です。

●三菱「ランサーエボリューションワゴン」

単なる派生車ではなかった三菱「ランサーエボリューションワゴン」
単なる派生車ではなかった三菱「ランサーエボリューションワゴン」

 三菱「ランサーエボリューション」は、ラリーや耐久レースで勝つことを目的に開発された高性能セダンです。

 直接のライバルはスバル「インプレッサWRX」で、両車とも毎年のように性能向上が図られるという、いまでは考えられないほどの開発合戦が繰り広げられていました。

 この2台の大きな違いは、インプレッサにはワゴンがラインナップされており、オールマイティに使える高性能車としてのポジションを独占していたことです。

 そこで三菱は2005年、第3世代の「ランサーエボリューションIX」のシャシをベースに、「ランサーワゴン」のボディを用いて「ランサーエボリューションワゴン」を開発し、インプレッサに対抗します。

 最高出力280馬力を発揮する4G63型2リッター直列4気筒ターボエンジンをはじめ、パワートレインはランサーエボリューションIXから移植され、セダンに比べて重量増があったものの、高い運動性能を誇りました。

 トランスミッションは6速MT(GT)に加え、5速AT(GT-A)が用意されイージードライブも可能で、中古車もATのほうが多く流通しているほどです。

 なお、次世代の「ランサーエボリューションX」ではワゴンはラインナップされず、ランサーエボリューションワゴンの生産期間わずか2年と短命でした。

ポルシェがチューンしたアウディもあった!? 国内外のハイパーワゴンを画像でチェック(13枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事