スバル「レヴォーグ」初のフルモデルチェンジ! 世界初公開された新型モデルを動画でチェック!

東京モーターショー2019で、スバルは新型「レヴォーグ」のプロトタイプを世界初公開しました。どのようなクルマなのか、動画で紹介します。

新世代スバルを象徴する新型「レヴォーグ」とは?

 スバルのステーションワゴン「レヴォーグ」の新型プロトタイプが、東京モーターショー2019で世界初公開されました。どのようなクルマなのでしょうか。

1分でわかる!スバル新型「レヴォーグ」を動画でチェック

 新型レヴォーグは、スバルの新世代を象徴するモデルとして開発されました。

 新開発の1.8リッターターボエンジンや、新世代アイサイトを搭載。また、高精度マップ&ロケーターを活用した最先端の先進運転支援システムにより、高速道路のカーブ前減速や、渋滞時のハンズオフ走行支援を実現しました。

 さらに「コネクティッドサービス」をスバル国内初採用し、緊急時にボタンひとつでオペレーターにつながる、SOSコール機能も搭載しています。

スバル新型「レヴォーグ」(プロトタイプ)

 レヴォーグの前身は、1989年に登場したスバル「レガシィツーリングワゴン」で、5代にわたり進化を重ねましたが、北米重視のモデルになったため、国内向けのワゴンとして「レヴォーグ」が2014年に発売されました。

 レヴォーグとして初めてフルモデルチェンジされることになりましたが、新型レヴォーグが世界初公開された東京モーターショー2019で、スバル社長の中村知美氏は次のようにコメントしています。

「先日、トヨタ自動車と新たな業務資本提携を発表しました。とくにCASE、MaaSといった新たな領域の対応においては、トヨタ自動車とともに歩みを進め、社会的責任と発展を果たしていきたいと考えております。

 一方で、自らの存在意義を示すべき領域においては、これまで以上にスバルらしく、個性的で走る楽しさを追い求めた、もっといいクルマづくりを目指してまいります」

 ※ ※ ※

 新型レヴォーグは、2020年後半に日本市場で発売を予定しています。

 新型レヴォーグのプロトタイプは、東京モーターショー2019で展示されます。一般公開は2019年11月4日までです。

スバル新型「レヴォーグ」がカッコ良すぎる! 詳細を画像でチェック(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント